So-net無料ブログ作成
検索選択

植菌の会2017 ~きのこを楽しむ~ [暮らし]

DSC_0523.JPG神奈川では開花宣言がありましたが、白州ではまだぎりぎりソメイヨシノも開花していなかった3月の末に、南アルプスと八ヶ岳の麓に行ってきました。植菌の会2017。

DSC_0552.JPG去年一緒に植えた仲間たちも、どんどん山の生活者になっているのですが、家族だけではほだ木の入手さえもままならないわたしたちのために、わたなべ家が企画してくださいました。

DSC_0531.JPG去年ほどは大所帯ではなかったので、時間も短く、さくさくっと。
とはいえ、東京・神奈川で想像するのとは桁違いの本数です(笑)。

DSC_0530.JPG

DSC_0542.JPG
今年植えたのは・・・

くるみにヒラタケ
かえでにエノキ
えのきにアラゲキクラゲ
くぬぎにクリタケ
かえでにナメコ
こならにアラゲキクラゲ

DSC_0554.JPG

昨年は、植菌のおかげで本当に豊かなきのこ生活を送ることができました。
とくに、自家製ひらたけの美味しさにはびっくり。巨大なめこも、随分楽しませてもらいました。
えのきは、2年目以降から出てくることが多いとのことで、ことしはそれも期待♪

そして、新たに試みたアラゲキクラゲも楽しみです。

DSC_0545.JPGこちらは、あきひこさんちの天然きくらげ。

DSC_0546.JPGそして、石積みで建設中の作業小屋。ため息が出ます。

DSC_0524.JPGこんなに美味しいランチやら

DSC_0598.JPGこれまた超絶美味しい手作りクッキーのお土産(さまざまなスパイスがきいていて、小麦の味がきりっとして、本当に美味しいのです!)や、貴重なフキノトウまでいただき、幸せでした。

コーヒーは、やっぱり植菌仲間(であり、パーマカルチャー仲間)の「きいろいくじら」なかけんさんの自家焙煎珈琲。もこもこ膨らむ焙煎したてのコーヒーってこんなに美味しいんだ!と驚きの一杯。

山の生活者のみなさんには、いつも知恵やら美味しい物を分けていただくばかりで、なかなかちゃんと恩返しができないことがもどかしいのですが、何らかの形でお役に立てる人になりたい!と言うのが、目下のわたしの目標です。

植菌に関して詳しくは、昨年の投稿「植菌の会 ~きのこを楽しむ~ その1」(→☆)に書いてあります。

DSC_0559.JPGその晩は、思いがけず友人のペチカのある新居に泊まらせてもらい、五右衛門風呂に入って、ディープなおしゃべりをたくさんして、これまた豊かな時でした。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

賢治は理科が大好きだった [理科!]

常日頃から、「お台所には化学がたくさん」、「日々の生活には理科がいっぱいころがっている」と、科学の楽しさをお伝えしたいと思っているわたしですが、今日は、心揺さぶられるような、楽しい理科の体験をしました。

FEC264EA-FE2F-4083-907E-82AF7BFC21A9.JPGわたしと息子以外ご一緒したのは、ほとんど理科の教員の皆さんでしたので、贅沢な体験。
金沢・金の科学館 四ヶ浦弘さんによる「実験で楽しむ宮沢賢治 サイエンスファンタジーの世界」。

作家、詩人としてよく知られている宮沢賢治ですが、実は理科の教員をやっていたこともあり、また、法華経の熱心な信者でもありました。

宮沢賢治の著書には、あちらこちらに理科が散りばめられているのですが、これを一つ一つ読み解き、具体的な実験に組み立てよう、と言うのが四ヶ浦さんの試みです。
4時間の講座は、本当にぎっちり盛りだくさんだったのですが、その中からいくつか。
(動画のアップロードがわからないので、FBのリンクをはります。見えるかな?)

CGなんかより、ずっとずっと宮沢賢治の世界が鮮やかに浮かび上がってくる実験の数々です。
このほかにも金の町、金沢らしい金・銀・白金・真鍮の箔を用いた様々な実験など、ちょっとした工夫でよりドラマティックに演出されたものもたくさんあり、改めて人を惹きつけることの大切さも感じました。
宮沢賢治の、「美しいものを見ていきたい」と言う思い、そして作品全体を貫く思いやりの心に強く打たれました。こんな風な感性豊かな科学の見方、もっともっとみんなに知られるといいなぁ。
そろそろ湘南エリアでも、実験教室をやらせていただける機会ができるといいな。

文学とアートとサイエンスが融合した瞬間。

ルビーより赤くすきとおり
リチウムよりもうつくしく
酔ったやうになって
その火は燃えてゐるのでした
(「銀河鉄道の夜」より)

元素周期表の中でわたしが一番好きなリチウムの炎色反応は、鮮やかな紅。
炎色反応は、さまざまな作品のなかに出てきます。

https://www.facebook.com/momoe.s.adachi/videos/pcb.1490244744380205/1490244507713562/?type=3&theater

融銅はまだ眩めかず
白いハロウも燃えたたず
地平線ばかりあかるくなつたり陰つたり
はんぶん溶けたり澱んだり
しきりにさつきからゆれてゐる
(詩集[春と修羅]のなかの「真空溶媒」より)

孔雀石を炭素の中に入れ、バーナーであぶる実験(吹管分析)。
実際に肉眼で見ると、ちろちろとしたきらめきが生きているかのようでもあり、澄んだ光がとてもピュアなものでした。

https://www.facebook.com/momoe.s.adachi/videos/pcb.1490244744380205/1490244564380223/?type=3&theater

カムパネルラは、そのきれいな砂を一つまみ、掌にひろげ、指できしきしさせながら、夢のようにいっているのでした「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えている」
(「銀河鉄道の夜」より)

水晶を強くこすり合わせた時に、放電が起きて発光する、摩擦ルミネセンスという現象。実験そのものも美しいのだけれど、巨大な水晶の結晶を惜しげもなく使わせてくださる四ヶ浦さんの太っ腹ぶりにもびっくり。

https://www.facebook.com/momoe.s.adachi/videos/pcb.1490244744380205/1490244594380220/?type=3&theater

15870285-C6BB-476D-A71A-DE7BCB562E6A.JPG

つまりこれはそらからの瓦斯の気流に二つある
しようとつして渦になつて硫黄華ができる
(詩集[春と修羅]のなかの「真空溶媒」より)

アルコールを燃やしながら、周りの金網を回転させることで2つの気流をぶつからせ、まっすぐ上に向かう上昇気流を作る実験。

https://www.facebook.com/momoe.s.adachi/videos/pcb.1490244744380205/1490244641046882/?type=3&theater

CGなんかより、ずっとずっと宮沢賢治の世界が鮮やかに浮かび上がってくる実験の数々です。
このほかにも金の町、金沢らしい金・銀・白金・真鍮の箔を用いた様々な実験など、ちょっとした工夫でよりドラマティックに演出されたものもたくさんあり、改めて人を惹きつけることの大切さも感じました。

宮沢賢治の、「美しいものを見ていきたい」と言う思い、そして作品全体を貫く思いやりの心に強く打たれました。こんな風な感性豊かな科学の見方、もっともっとみんなに知られるといいなぁ。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

米粉シフォンを作ろう♪ [暮らし]

今日の「作ろう」シリーズは、少し番外編。
息子が、Honohono cafeに弟子入りし、米粉で作るシフォンケーキにチャレンジしたご報告。

何度も書いていますが、息子の学校は、「普通の」中学校とは少し異なり、テストや成績表がないかわりに、体験に基づく縦割りのクラスで活動しています。
息子の所属するクラスでは、毎月「月刊」と言う読み応えのある冊子が発行され、子どもたちは、原稿書きや編集製本に毎月ひーひー言っているのですが(ちなみに新しく飼い始めた鶏の名前は「月刊」、「原稿」、「締め切り」という名前だそうで・・・)、それぞれが個人的な研究テーマを持っています。
息子は、今年度のテーマに「米粉料理」を選びました。

そもそもは、小学生の頃にいたクラスで小麦料理(もちろん小麦を育てるところから)を作っていた中で小麦アレルギーの人がいる、と言うことを知った息子が一人で米粉パンを作り始めたのがきっかけ。

中学生になってからは、クラスでお米も育てていますが、なんと息子は石臼を刻む練習もしています。

閑話休題。

Honohono cafeのYUKIちゃんの作る米粉のシフォンケーキの美味しさに驚き、米粉を使ってもこんなにふわっふわにできるんだ!と感動した息子は(補足:米粉はグルテンを含まないので、きめの細かいふんわりとした焼き上がりにするのは、小麦よりはるかに難しくなります)、YUKIちゃんに「弟子入りさせてください」、と昨年春からお願いしていました。

暖かい季節に米粉シフォンを作るのは上級者向けコースとのことから、実現したのは半年待った12月。冬休みに白州まで行ってきました。

ふわふわに作るコツはいくつもあるのですが、生地をだらけさせないための温度管理も大切になります。
DSC_0704.JPGYUKIちゃんちの天然冷蔵庫。扉を開けると八ヶ岳・・・はあ、素敵♡

DSC_0726.JPGご指導をいただきながら作ったのはこちら。

詳しい作り方は、息子の原稿をご覧ください。
原稿1.jpg

原稿2.jpg
(クリックすると大きくなります)

「つくった感想

今回作ったシフォンケーキは、教えてもらうことができたので、失敗という失敗をすることはなかったのですが、このレシピを0から作ったということはとても大変だっただろうなと思いました。このシフォンケーキは自分でもとても美味しいと思うので、これからもいろんな人に食べさせてあげたいです。」

伝統を大切にしたい気持ちを持ちながらも、ずっとオリジナルに誇りをもってモノづくりをしてきたわたしが大切にしていることを、拙い言葉ながらもちゃんと理解していると親ばかながら嬉しく思いました。

DSC_0944.JPGそして、家で再現したものはこちら(試作2回目)。

まだオーブンの特性をつかみ切れていないので、割れ目が少ないですが、2回目にしては、かなりの上出来かな?米粉ですもの!

なぜ今頃12月の投稿を挙げているかと言えば、わたしがもたもたしていたせいばかりではなく・・・これまでイベント出展などがメインだったYUKIちゃんのhonohono caféが実店舗でオープンすることになったから!

DSC_0649.JPG私たちが行ったときは、こんなにいい感じの古材を使って建物がのんびり作られている最中でした。
いよいよ山梨県北杜市白州町横手に4月7日オープン♪
https://www.facebook.com/honocafehakushu/

美味しい物が大好きで、それを探求するための手間を惜しまないYUKIちゃんの作るパンやお菓子は、美味しいだけじゃなくて、しみじみと心と身体に染みわたります。
それは、YUKIちゃんが、ひとつひとつに「家族みんなで楽しんでほしい」という思いを込めているから。

山梨に行く理由がまた一つ増えました。行かなくちゃ!

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

Knots Japan meets 亜桜 コラボ企画 [イベント]

わたしは、ヘナが大好きです。
髪の色を染める、ということにとどまらず、髪がつやつや健康になり、髪だけでなく全身のデトックス効果も高いと感じるからです。
楽しく気持ちの良いヘナ生活にはいくつかポイントがあると考えています。

(1) よいヘナを選ぶ
天然のものであるヘナは、その品質が千差万別。化学系染料が混ぜられているものも少なくありませんし、また、染まりの悪い粗悪品も多く出回っています。
わたしの断然おススメは、アートビーングのマハラニヘナ
http://artbeing.com/henna/

(2) 自分の身体にとって適切な時間をかける
人によって、よい色が入ったり、デトックスに最適な時間が違います。そのためにはおうちヘナが一番よいと思っています。おうちヘナであれば、自分の好きな時間つけていられるし、ヘナをしながら仕事や家事もできるし、なんだったら、流すときに贅沢なヘナ風呂にすることだってできるから。

<ここで問題が!>
慣れないと、おうちヘナは、汚れそうでハードル高いし、うまく塗れないかもしれないし・・・。

<解決策♪>
信頼できる美容師さんに、塗っていただきましょう!そして、頭にヘナを付けたまま帰宅して、好きなだけ放置するのです。
わたしには、ご近所に長年お世話になっている大好きなヘアサロン【亜桜】さん(もちろん、マハラニヘナ使用)があります。でも、みんながそんなにラッキーなわけじゃない・・・なんて思っていたところへ、可愛いものを見つけました・・・!
http://instagram.com/knots_jp

ヘッドラップ☆

そ・こ・で!!!
企画しちゃいました♪

Knots 亜桜.jpg

【Knots Japan meets 亜桜 コラボ企画】

あなたに一番似合う布を、あなたに一番似合う形で巻く巻き方を習得できちゃうなんて、わくわくしませんか?

普段のお洒落に巻いてもよし、髪型が決まらない!というときの救世主にしてもよし、そしてもちろんヘナ染めの後に巻いて帰ってもよし。

4月27日藤沢にて、ご興味のある方のご参加をお待ちしています。
お申し込み方法など、詳しくは、FBのイベントページへ♪
https://www.facebook.com/events/1299175376836793/

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

春分 [暮らし]

学校生活の集大成、「発表デー」を翌々日に控えた先週木曜日の夜、学校から電話があり、息子が高熱を出しているから迎えに来てほしいとのことで、そこから往復260km、5時間のドライブをしました。
学校では、校長が「嵐が吹き荒れたよう」と表現するような勢いで風邪とインフルエンザが猛威を振るい、全校の約半数が高熱により欠席、そのまま休校、春休みへと突入しました。

IMG_0477.JPGその前の日曜日に「卒業を祝う会(卒業式)」(これも、本当に心温まる感動的なものでした)から始まった長い1週間は、1年のまとめと、卒業生たちと最後の時間を楽しむ週でしたから、子どもたちや学校のオトナの気持ちを思うと胸が痛みます。

息子は、3日3晩眠り、何度も何度も大汗をかいて、春分の日の今日、復活してきました。実は、わたしも5時間ドライブの後、微熱と頭痛で(授乳時並みに夜中に何度も起きて)息子のお世話をする以外は朦朧としていたのですが、なんとか復活です。

復活後1番に息子がしたことは、なぜか、「だし巻き卵を焼く」こと。
DSC_0489圧縮.jpgなかなか美味しくできました。
何はともあれ、元気になってよかった。

DSC_0493圧縮.jpg地球暦も無事入れ替えました。

DSC_0494圧縮.jpg本当は、大掃除をして家を清めたかったけれど、それは明日かな。

DSC_0329圧縮.jpgメジロも、梅の蜜を吸いに来てくれて、梅干し仕込みもスタート(笑)。
さて、わたしも始動します!

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

こだわり蓮根いただきました [食]

冬は最高に美味しいし、のどの痛みや咳にもばっちりなんだけどね・・・と、いつも探しているのだけれど、なかなか出会えない本当に美味しい蓮根。

夜中に咳が出て、やばい!と起きた次の日に、お願いしていた徳島の(有)酒井農園さんから届きました。その名も「こだわり 理り(さとり)れんこん」。

IMG_0458.JPGどーん!

さすがわかっていらっしゃる!
IMG_0459.JPGこんな風に送るのは、手間もかかるし、送料もかかってしまうけれど、甘みも栄養も一番濃縮している節の部分も美味しくいただけるように送ってくださいました。

愛のこもったレシピも一緒についていたのですが、節によって異なる味わいの、どの節をどのようなお料理に使ったらよいかまで!
神奈川の住宅街に住んでいたら、自分が食べている蓮根が何節目かなんて気にしたことがなかったから、これにまず感激。

早速作りました。

第3節で、蓮根のすり流し。
咳に抜群によい「お台所の救急箱」の蓮根湯は、すりおろした蓮根の搾り汁だけで作りますが(絞って余った繊維は、ハンバーグなどにしてね♪)、お食事では、丸ごと全部すり流しに。蓮根の味をより引き立たせるために、昆布と椎茸で丁寧に引いた出汁で作れば、ほんの少しの塩で味を調えるだけで最高に身体の暖まる一品に。
とろりとした甘味から、作り手さんの愛情が伝わります。

第2節で、もっちり蒸し蓮根のムニエル。
IMG_0456.JPGひと手間かけて、一度蒸してからにんにくと共に。小麦粉と葛粉を使ってムニエルにするレシピは、大谷ゆみこさんのものです。もちっ!とさくっ!の歯ごたえも楽しく、ニンニクでアクセントのついた蓮根は、立派なメインに。

付け合わせ(笑)は、夫が大阪出張のお土産で買ってきた一口餃子。今日は格をさげちゃってごめんね。あとは、割り干し大根の煮物。

IMG_0460.JPG風邪なんて引いていられないね♪

30品目なんて気にしなくていいの。ちゃんと丁寧に育てられた旬のものをきちんと美味しくいただけば、季節ごとの身体は出来上がっていくのです。

ご馳走さまでした。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「0から食堂」に行ってきました [学校]

途中まで書きかけのブログ記事がたくさん溜まってしまっているのですが・・・それらはすっ飛ばして、今日の投稿。

DSC_0405.jpg山梨にある息子の学校からの帰り、特急あずさの中で書いています。

IMG_0416.JPGテストも成績表もない、体験に基づいた学習を行い、自由な心を育てることに力を入れているこの学校のことについては、何度も書いていますが、今日は「くらしの歴史館」(息子の所属する中学校の縦割りクラスの名前です)の、集大成の1つとも言える「0から食堂」の本番に行ってきました。

実は、学校に行くのは今月もう3回目。
先週も別のクラスである「ゆきほたる荘」によるフードロスの研究発表と映画「0円キッチン」の上映会に行ってきたのです。

先週も、今日も、午前中仕事をしてからギリギリの時間に飛んで行っている状態ですが、息子がこの学校にお世話になるのもあと1年と考えると1つの行事を逃すことも勿体なくて…。

IMG_0417.JPG駅で友人に拾ってもらい到着した学校に入ると、いきなり裏方(笑)。

IMG_0414.JPGなんとこんな素晴らしい開店祝いまで(笑)

IMG_0409.JPG「くらしの歴史館」では、さまざまな活動の中の1つの柱として、1年かけて「0から食堂」に向けて活動してきました。

お米や麦、大豆、果物、野菜を育てたり、温泉や海の水を汲んで来て塩を作ったり、伊豆まで行って寒天のもととなる天草を採ってきたり、草を摘んできて、お茶にしたり・・・。

動物性のものをなんとかしないと、どうしても「0から指数」(出来上がった料理の材料のうち、自分たちで作ったものの占める割合)を上げることが難しいということに気づき、ボリスブラウン(鶏)を飼い始めたり、「こどもけものクラブ」が立ち上がったり(なんとクラスを代表してオトナ=担任が狩猟免許を取得)。

何度もなんども試作をして、お互いに意見を言い合ったり、試作会を行い、実際にお客様を迎え、あえて辛口の意見をいただいたりして迎えた今日は、なんだか子どもたちの顔も誇らしげに見えました。

IMG_0418.JPGメニューの一部。

今日の品目は、「海の幸かおる 0からうどん」、「歴史館みそのおいしいみみ」、「自家製ジャムの三層寒天ゼリー」、「干し柿のパウンドケーキ」、毎度大好評のロールケーキ「すももっ子」、「ドーナツ」、そして各種のお茶、などなど。

IMG_0411.JPG下の方にある黄色〜赤の帯が「0から指数」です。
今回、すべてのメニューで0から指数80以上を達成できたのだそうです。

オーダーを取ってくれたKくんは、もともとクラスの中でもリーダー的存在の3年生ですが、大勢いるお客さんがそれぞれにたくさんのものを注文するのを丁寧に、でもテキパキとさばいていき、今日からどこのレストランに出しても恥ずかしくないレベル。

IMG_0420.JPG注文すると、それぞれのメニューの成り立ち、原料をどうやって育てたのか、何が大変だったのか、自分が何を感じたのかなど、それぞれ担当の子が自分の言葉で説明してくれます。

「小麦って育てるの、けっこう大変なんです」、「大豆って枝豆だって知ってびっくりしちゃいました」、「3羽のボリスブラウンは、来てから毎日1個ずつ卵を産んでくれたから、冷蔵庫の中に卵のストックがいっぱいできたの!」。教科書になんて載っていない、実感のこもった1つ1つの言葉に涙が出そうになります。

IMG_0413.JPG山梨郷土料理の「みみ」は、滋味深い優しい味。

IMG_0422.JPG三色ゼリー=豆乳、寒天、すもも、柚子(だっけか?)、砂糖、卵、ミント。甘みと酸味のバランスが程よく、層もとても綺麗。

レシピ開発から息子が関わったすももクリームのロールケーキも完成度が高かったのですが、写真撮るの忘れました。

どれも100円、150円と言うありえないお値段(笑)で、お腹いっぱいいただいて、お土産も購入して580円也。

これらは、来年以降の活動資金になります。しっかり原価計算をして、ちょこっと儲けを乗せて、次の活動資金を作るのも立派な学びです。

月並みな言い方ですが、お腹も心もいっぱいになった「0から食堂」でした。
この子たち、どんな風に育って行くのかなぁ。10年先、20年先を見たい気持ちです。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ホメオパシーは「特別なもの」ではありません [ホメオパシー・ISHL]

妹が送って来てくれたブリスベン空港にある薬局の写真。

IMG_0360.JPG

一見日本の薬局と変わりません。

が、ズームして行くと・・・

IMG_0361.JPG時差ぼけ用のホメオパシーのレメディ。

IMG_0359.JPGこちらは、フラワーエッセンス、緊急時用と、不眠用。

日本では、まだ「特別な人が使うちょっと変わったもの」とか、「秘儀」のように思っている人や、はたまた宗教と勘違いしている人も多いホメオパシー。でも、オーストラリアのように、文化と自然が仲良く発達している国ではこんな感じなのです。

Giant Chemist.jpgちなみに、こちらは、私が5年ほど前に行ったゴールドコーストのショッピングセンター内のごくごく普通の薬局。
日本で言うところの、クリエイトとか、マツモトキヨシとか、HACとか、そんな感じ?

家庭薬とともにホメオパシーのコーナー。

オーストラリアレメディ1.jpg

「胃酸過多と消化不良」、「アレルギー」、
「便の問題」、「依存症」、「吐き気」、

オーストラリアレメディ2.jpg

「頭痛」、「むずむず脚症候群」、「睡眠」
「いびき」、「花粉症」、「喉の痛み」、「鼻炎」、
「乾いた咳」、「胸から出る咳」etc.

日本でも、普通に手に取れる場所で、自由な選択肢の1つとして、ホメオパシーや、ティッシュソルトや、フラワーエッセンスや、ジェモセラピーがもっともっと広まって行くといいな、と思います。

もっともっと多様性が認められ、自分の力を信じられる人が増える世の中でありますように。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

などの講座では、昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

ここ数か月の間にも、受講されたみなさんから、生理痛、熱、冷え、慢性疲労、ぎっくり腰、おたふく風邪、咳・・・など、色々な症状をお台所にあるもので回復させたご報告が来ています。

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

太陽と大地と菌と時間 [暮らし]

今年は、なぜか手前味噌ワークショップのご依頼が多く、手前味噌伝道師としては、嬉しい限り。
15年間、毎年3〜4種類の味噌を作っていますが、ワークショップでコツなどをお伝えすることでそれぞれのご家庭の味が育っていったら幸せだなぁ。

で、合間を縫って、我が家の味噌を開けたり、新しく仕込んだり。

DSC_0202.jpg今年開けたのは、この3つ。

1番明るい色のは、昨年の仕込んだひよこ豆味噌。初めて麹の種付けから自分でやってみたので、開けてみるまで不安もあったのですが・・・

DSC_1035.jpg例年どおり、かびゼロ。
甘みとフルーティさ水分の割合もちょうどよく、満足な仕上がりとなりました。

麹を育てた投稿はこちら(→☆
最近は、時々見かけるようになりましたが、自称わたし発祥の(笑)ひよこ豆味噌に関してはこちら(→☆

真ん中は、麦味噌。
在来種の「さとういらず」と「秘伝豆」(どちらも中川吉右衛門)を使って仕込んだのですが、同じように作っても当然出来上がりは違い、さとういらずは、元のお豆は甘かったのだけれど、味噌はどちらかと言うと甘味少なめ、水分も少なめに仕上がりました。
きっとタンパク分の種類とか割合によるんだろうなぁ。
バランスよく仕上がった秘伝豆の方のお味噌と合わせ味噌にしてみました。

そして、1番濃い色のが玄米味噌。3年熟成させて今年ようやく開封。
これがすごかった!あまり大げさなことを言いたくはないのですが、まろやかで深いお味であるばかりでなく、ものすごいパワーで、密かに食養豆味噌を上回るものができたと思っています。これは、このまま食べるおクスリ、お台所の救急箱になります。

太陽と大地と菌たちと、そして時間の力。

そして、徐々に今年の仕込みもスタート。

DSC_0208.jpg今年は、庭のハランもとても綺麗で、いい仕事をしてくれそうです。
少し大変だけれど、大豆は蒸すとぎゅぎゅっと詰まり、断然深みのある味になるので、
ことに大切な玄米味噌は、今年も大豆を蒸しました。

大豆は、中川吉右衛門さんの津久井在来種、玄米麹は、今年は、井上糀店さんです。

<<2017年の味噌の記録>>

麦味噌 (津久井在来種 中川吉右衛門)
麹歩合14 塩分11.5%

玄米味噌 (蒸し大豆 津久井在来種 中川吉右衛門)
麹歩合10 塩分11.4% 熟成3年の予定!

これから作る予定は、
ひよこ豆味噌 (麹は、白米から自作)
麹歩合12 塩分 10.0%

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

などの講座では、昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

どちらも現在受講生を絶賛募集中です!

ここ数か月の間にも、受講されたみなさんから、生理痛、熱、冷え、慢性疲労、ぎっくり腰、おたふく風邪、咳・・・など、色々な症状をお台所にあるもので回復させたご報告が来ています。

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。
→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースを2月22日(日程変わりました!)よりスタートします!

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

おむつなし育児とホメオパシー ~FBの投稿より~ [ホメオパシー・ISHL]

息子が生まれた14年半前は、今よりもさらに「おむつなし育児」(おむつをつけながらもなるべくおむつ以外で排泄させること)なんて言葉は知られていなかったけれど、わたしは、(エンジニアとしても、全ての子どもに向ける眼差しも)尊敬する井深大さんの本を読んでいて密かにさまざまな試みをしていました。

色々な理由があって、「おむつなし育児をしました」などと言うには程遠い状態ではあったのですが、まだオトナと同じ言葉ではしゃべらない赤ちゃんとのコミュニケーション手段として気にしていたということは胸を張って言えます。

うちの息子は「お利口さん」ではありませんし、それはそれは色々なことをやらかしてくれながら今に至っていますが、よく考えてみると、世に言われている「魔の2歳児」や、今の時期のいわゆる「思春期の反抗」のようなものは、育てていて感じたことがありません(そりゃあ、年齢としての思春期はまだまだ真っ只中ですからこれからどうなるかわからず、偉そうなことは言えませんが)。いつもいつも可愛くて愛しくてしょうがなかった。そして、言葉少なではあっても、本当のコミュニケーションは取れていた(いる)のではないかな、と言うのが親ばかながら言えること。

FBに投稿されていた「湘南おむつなし育児の会&さらしおんぶの会」の記事を見て、少し我田引水的になってしまうかもしれないけれど、大いに共感するところがあったので、思うところを。
もとの投稿は、こちらです。
https://www.facebook.com/shonan.omtns/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

DSC_0010圧縮.jpgわたしにとって、大成功とは言えなかった「おむつなし育児」ではあったかもしれませんが、その代わりに身近にあったのが抱っこ・おんぶであり、お手当てであり、ホメオパシーでした。わたしは、自然療法家、ホメオパス(ホメオパシー療法家)として活動はしていますが、実は皆さんが思うほどには、生活の中で多用しているわけではありません。なぜなら・・・ほとんど必要ないから。

小さい時期のホメオパシーは、家庭で健やかに楽しく子育てをする上で、大きな助けとなってくれます。でも、それは、あの一粒のレメディが、と言うだけではないと思うのです。
わたしが講座の中で、いつもいつも1番大切なこととして繰り返しお伝えしていること、それは、「観察することの大切さ」です。子どもがぐずったり、ちょっとしたサインを出している時、それを見逃さずに、よーく添って考え(でも、常に自分には自分の尺度しかないから、間違っているかもと言う謙虚な気持ちも忘れず)いちばん心地のよいと思われるようにしてあげること。これは、ホメオパシーのレメディを選ぶ上でも、もっとも大切なことだとわたしは強調していますが、これを繰り返していれば、結局のところ大きな問題になる前にことは済んじゃった、なんてことがとても多いのです。

おむつなし育児もお手当てもホメオパシーも母乳育児も抱っこもおんぶもとても素敵。でも、それらは、実は単なる手段というか入り口。その奥に本当の育児のきらめきがあるのだなぁ、と思うのです。そして、これらの手段を使って、赤ちゃんとコミュニケーションを取っているお母さんたちは、たとえ日々ドタバタや大変なことがあっても、内から湧き出る喜びが溢れているような気がします。

わたしは、1人しか子育てできなかったけれど、今の仕事は、そんなお母さんたちにたくさん出会えるのが本当に嬉しい。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

などの講座では、昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

どちらも現在受講生を絶賛募集中です!

IMG_0244.JPGここ数か月の間にも、受講されたみなさんから、生理痛、熱、冷え、慢性疲労、ぎっくり腰、おたふく風邪、咳・・・など、色々な症状をお台所にあるもので回復させたご報告が来ています。

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。
→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースを2月6日よりスタートします!

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康