So-net無料ブログ作成
検索選択

醤油を作ろう♪ ~本格編~  [暮らし]

ずっと前から作りたい、作りたいと思っていたけれど、ハードルの高かったお醤油。
昨年白米と玄米への麹の種付けに成功したので(→☆)、今年は、いよいよチャレンジしてみました。

これまで、あらかじめ作られている醤油麹に塩水を加えて作る簡易的なものは作ったことがありました(→☆)、(→☆)が、簡単ではあるし、失敗なく醤油を作ることはできたけれど、手作り欲を満たしてくれるものではありませんでした。

今回は、小規模ではあるけれど、念願の、大豆、小麦、麹菌、塩から作る本格派にチャレンジです。

DSC_0803.JPGまずは、大豆。
前シーズン、我が家の大豆は不作だったので、色々なところから分けていただいたり購入した自然栽培の在来種。津久井、秘伝豆、さとういらず、あとは品種の定かでないものも豪快にミックスして。
それぞれのお豆に個性があって、可愛いし味わい深いのですが、今回はハーモニーを楽しみます。

DSC_0820.JPG皮がしっかり伸びきるまで、約1昼夜水に漬けた後、ストーブで(もちろんコンロでも)ことことと。
大鍋がないとか、時間がないなどであれば、圧力鍋を使うと時間は大幅に短縮できます。圧力鍋でお豆を煮るときは、入れすぎないように注意して、ちゃんと付属の落し蓋をしてくださいね。
慣れてきたら、味噌づくりの時のように、蒸すとより旨味が凝縮されることと思います(これは、来年以降)。

 ※ここから先、使う道具は、全て熱湯消毒もしくはアルコール消毒をします。

その間に、小麦の準備。力強い醤油を作るには、玄麦を使います(玄麦というのは、白米に対する玄米のように、小麦のふすまを取り除いていないものです)。
醤油づくりには、でんぷん分とたんぱく質が多い品種が向いているとのことで、農産工房金沢大地さんから、ゆきちからの玄麦を購入させていただきました。

DSC_0805.JPGこれを、よく炒ります。
中華鍋を使って、焦がさないようにゆっくりと炒ったのですが、鍋の大きさに対して小麦の量が多かったので、1時間ほどかかってしまいました。2回に分けた方がよかったかな?

ふつっ、ふつっと麦がはぜる音が少しずつして来て、よい香りがして来た頃に、麦は、平べったい形からぷっくりと膨らんできます。念のため華時って見て、美味しくなっていたら、炒り完了。

DSC_0812.JPG写真ではわかりづらいですが、左が炒りあがった後の玄麦です。

これを、3分の1くらいになるように砕くのですが、うちの小さいブレンダーでは、ほとんど砕けない部分と、粉のようになってしまった部分がありました。まあ、いっか。

DSC_0850.JPG小麦が充分に冷めているのを確認して(40℃以上になってしまうと、大切な麹菌(こうじきん)が死んでしまうからね)、麹菌を混ぜます。

「全体の重さの2%〜4%程度」と書いてあったのが、乾燥大豆の状態での重さか、茹でたあとでの重さかがわからなかったので、とりあえず多めの15g混ぜました。
このあと、コウジザさんにお聞きしたら、乾燥大豆で計算してよかったようなので、4〜8gあれば大丈夫みたいです。

米麹を作るときの麹菌と違い、醤油用の種麹(たねこうじ)は、緑色がかっていました。
種麹は、
コウジザさん
https://www.koji-za.jp/

かわしま屋さん
http://kawashima-ya.jp/?mode=grp&gid=1307571

などで購入することができます。

DSC_0851.JPG茹で上がった大豆のお湯をよく切り、40℃になるまでしっかり待って(ここ重要!温度が高すぎると、麹菌が死んでしまいます)、塩切りした玄麦+種麹と合わせます。

DSC_0852.JPG麹を作るための麹蓋(トレイのようなもの)は、持っていないのですが、湿気をほどよく逃して、ある程度の通気を頼むことを考えて、今回は、ボウルに蒸し布を敷いて、ここに合わせたものを入れることにしました。

DSC_0855.JPG

DSC_0863.JPG余った蒸し布をかぶせて、これを、さらにシーツで包んで、お湯の入ったペットボトルを入れて少し温めておいたスチロール箱に入れます。

ぴったり蓋をして、あとは、祈る気持ちで待つこと18時間。

醤油麴を作るための最適温度は、28℃~30℃と、かなりシビアではありますが、一つ一つの作業を丁寧に行えば専用の装置がなくても大丈夫でした。
温度が下がりすぎそうなときは、ペットボトルにお湯を入れて、熱くなりすぎない場所に入れておきます。

仕込んでから18時間後に1度目の手入れをします。
これは、発酵により、温度が上がりすぎてしまうことを防ぐためで、普通の米麹を作るときと同じです。

スチロール箱の蓋を開けると、ほんのり甘いよい香りがしてきます。

DSC_0860.JPG18時間後はこんな感じ。ぴったり30℃、素晴らしい!全体的に固まっているので、軽くほぐしながら、空気を入れます。冷めすぎてしまうといけないので、作業は手早く!

さらに待つこと丸1日。
保温を開始してから、45時間~48時間頃を目安に、しっかりよい香りがして、緑色の胞子が大豆全体にまんべんなく付いていれば成功(のはず)です。

DSC_0919.JPG醤油麹の完成!

ここからちょっと計算。

最終的に醤油を仕込むためには、醤油麹(麦と大豆を合わせたものに、種麹を植え付けたもの)に対して1.1~1.2倍の水と、出来上がり量の18%程度の塩が必要になります。

塩の重さをXgとすると、
0.18 ×(醤油麹の重さ+水の重さ+X)=X
としたいので、

X=0.18 × (醤油麹の重さ+醤油麹の重さ×1.2)÷ 0.82
つまり

X=0.22 × (醤油麹の重さ×2.2)= 醤油麹の重さ×0.484
となります。

わたしの作ったものの場合は、乾燥大豆1000g、玄麦1000gからスタートして、醤油麹の重さが全部で3040gだったので、水の量は、1.2倍として3648ml、塩は、1404gという計算になりました。

DSC_0928.JPG計算で出てきた約1.4㎏の塩を、出来上がった醤油麹に混ぜるます。これは、味噌づくりと同様、「塩切り」と言います。

これらを、夫実家の物置から出てきた推定30~40年もののガラス瓶に入れて、計算で出てきた量の水を足します。

DSC_0947.JPG仕込み完了!

最初は乳酸発酵をさせたいので、あまり空気に触れさせたくありません。だから、本当は、もう少しぴったりサイズの容器に入れるか、一度袋などに入れるかした方がよいようですが、とりあえずは、これで試してみます。

発酵の初期は、乳酸発酵を優勢にしてあげたいので、できる限り酸素に触れさせない方がよいみたい。なので、しばらく様子を見ながら1週間に1回ほどの割合で混ぜてあげる予定です。

うまくいきますように♪

今回参考にしたサイトは、以下です。

「コウジザ 醤油麹の作り方」
https://www.koji-za.jp/recipe/syoyukoji.php

「男の趣肴」
http://www.ajiwai.com/otoko/make/syou_fr.htm

「つくる楽しみ」
http://ws-plan.com/kokurui/syoyu.html

自宅で醤油を作るのは、少し気合が必要ですが、味噌づくりなら簡単です。

手前味噌づくりワークショップ「なるほど納得、理屈でわかる味噌づくり」から派生した、今年の味噌づくりワークショップ第一弾、「季節の手仕事~味噌づくり~」は、板橋区のAtelier ChaChaにて1月19日開催です。
https://www.facebook.com/events/685187658311003/

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南 2017春夏コースは、2月2日スタートです。
http://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/2017-01-04

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。
→→定員に達しました。振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

自然育児友の会(国分寺のカフェスロー内)でも定期的に「お台所の救急箱」を行なっています。2017年春夏クラスは、2月スタートです。
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」は、現在8期生を迎えて開催中です。これまでの講座をご受講の方で、振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースを2月6日よりスタートします!

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「お台所の救急箱」@湘南 2017春夏へのお誘い♪ [自然療法・代替療法]

あけましておめでとうございます。

年賀状.jpg本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末は、5日の間に山梨を2往復、息子は、米粉修業をしたり、山梨でお泊まりしたり、逆に山梨の友人たちに泊まりに来てもらったり楽しんだのですが、1年の大清算ということで、30日から40℃の熱を出しておりました。

おかげで、年末年始の予定を大幅に変更せざるを得なかったのですが、それでも、穏やかに過ごすことができたのは、幸せなことです。

IMG_0224.JPG今年は、合鴨ロース、りんごきんとん、花豆、ごぼうの味噌漬け、紅芯大根の末廣なます(←勝手に命名)、いくらの醤油漬け(→☆)、八つ頭の煮物、柚子大根、干し柿(→☆)などを作ってお節料理とし、お雑煮と一緒にいただきました(息子は食べられず・・・)。

DSC_0842圧縮.jpg熱も下がり、すっきりと脱皮した息子と、今日は海岸で石拾いをしました。

さて、春からの「お台所の救急箱」@湘南の日程が決まりました。

日程 2017年2/2(木)、3/2(木)、4/13(木)、5/11(木)、6/8(木)、7/13(木)
時間 10時00分~12時00分(実習の内容によって長引く場合もあります)
会場 藤沢市 Chez MOMO
費用 各回3500円 テキスト・体験 を含みます。
定員 10名(最少催行人数 3名)・・・お子さん連れの方が多い場合には、定員が減ることもあります。

各地で人気の講座、「お台所の救急箱」は、私がこれまで学んできたこと、経験してきたことの中から、とくに家庭を守る主婦(主夫)や、命を育んでいるお母さん、これからお母さん(お父さん)になりたい方たちを対象に、台所にあるもので簡単にできる「お手当て」や、古今東西の自然療法についてお伝えします。

私は、「お医者さんに行ってはいけません」というスタンスではありません。
でも、ちょっとしたことなら、お医者さんに行かずとも、自然治癒力を目覚めさせて上げるだけで充分に対処できるはず。

そんな昔からの、そして世界中の知恵(智慧)の中からこれ!というものたちをシェアしたいと思います。

ご家庭で、「自分で治る力」を引き出すことを考えてみませんか?
毎回、実習も行いますので、本だけでは得られない学びもたくさんあります。

☆ 内容予定 ☆

第1回 2016 2/2 (木) Part1 イントロダクション(ホリスティックな考え方)・お手当てで出来ること Part2 お手当て各論:風邪かな?と思ったら Part3 実習:梅醤番茶

第2回 3/2 (木) Part1 マクロビオティックの陰陽の考え方 Part2 お手当て各論:咳のお手当て Part3 実習:蓮根湯

第3回 4/13 (木) Part1 フラワーエッセンスの紹介 Part2 お手当て各論:冷えと初夏のお手当て Part3 実習:こんにゃく湿布

第4回 5/11 (木) Part1 ホメオパシーの紹介 Part2 お手当て各論:熱のお手当て(あせも、虫刺され) Part3 実習:椎茸スープ

第5回 6/8 (木) Part1 ティッシュソルトの紹介 Part2 お手当て各論:さまざまな痛みとお手当て Part3 実習:生姜湿布

第6回 7/13 (木) Part1 ジェモセラピーの紹介 Part2 お手当て各論:頭痛、生理痛  Part3 実習:葱味噌

どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。
→→定員に達しました。振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

自然育児友の会(国分寺のカフェスロー内)でも定期的に「お台所の救急箱」を行なっています。2017年春夏クラスは、2月スタートです。
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」は、現在8期生を迎えて開催中です。これまでの講座をご受講の方で、振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースを2月6日よりスタートします!

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬至の過ごし方 [暮らし]

今日は、1年で最も太陽の位置が低く、昼が短い冬至ですね。
陰が極まったところから、陽に転じ、新年へと向かっていく季節です。
陰が極まっているということは、代謝が最も下がっている時期でもあります。ちょっと意識して、身体の熱を逃さないように過ごしましょう。
家で丁寧にすごしたり、勉学に励むのに適した季節です。

DSC_0640圧縮.jpg冬の臓器である腎のケアをしたいので、小豆を取り入れましょう。土鍋でゆっくりことこと炊けば、お砂糖など入れずとも、少量のお塩で美味しくいただけます。温性で補気作用のあるかぼちゃも加えることで、身体の熱を逃さず、元気や気力のもととなる「氣」を補うことができますね。

今年の柚子は、ちょっと不作でしたが、それでもありがたく、柚子湯にさせていただくこととします。

2月から
「お台所の救急箱」@自然育児友の会
「お台所の救急箱」@湘南
「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」@二俣川

など、新講座スタートのラッシュです。
近日中にUPしますので、ご興味のある方はチェックしていてくださいね。


15384402_1399745936704397_127182800487817403_o.jpg1月7日は、鎌倉由比ガ浜にある「蕾の家」という素敵な古民家でのイベントに、手作り石けんを持って参加いたします。「La VITA MIA 私たちの文化祭」と名付けられたこのイベントは、「知る人ぞ知る」の珠玉の出展が並ぶようで、わたし自身もとても楽しみにしています。

よかったらお散歩がてら遊びにいらっしゃってくださいね。
https://www.facebook.com/events/1243198252421205/

せっけん.jpg今回は、「アボカド大好き」と「霞の衣」をたっぷりサイズで出品します。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

沢庵(たくあん)を漬けよう♪2016 [暮らし]

DSC_0372.JPG干し柿(→☆)は、無事干しあがり、次々と友人たちの元へと嫁いでいきました。

DSC_0381.JPGもともと小さかった柿がますます可愛くなってしまったので、ちょこっとおめかしをして。

そして、皮もたくさん入手できて、干し大根も届いたので、今年も沢庵(たくあん)漬け♪

私の住んでいるあたりは暖かくて、丸ごと大根をカビさせずに干せる気がしないので、いつも干したものを購入しています。

DSC_0384.JPG5.3kg届きました。太めのものが8本。

IMG_20161210_110144.jpg
<今年のレシピ>
大根 5.3㎏
炒り糠 510g(10%弱)
塩 250g(4.7%)
甜菜糖 1/2カップ=74g(1.4%)
自家製鷹の爪 中5本
昆布 30g
渋柿の皮を干したもの 220g(60個分)

少し砂糖を入れた方が作りやすいから、と聞いていて、前回は、2.8%(5㎏に対して1カップ)の甜菜糖を入れたのですが、今年は、柿の皮が相当甘くなっていたのと、たくさんあったので、思い切って半減の1.4%にしてみました。どんなお味に仕上がるかな?

そして、今年は、手元にクチナシもあったのですが、やはり柿の皮がたくさんあるので、これでどれだけ着色するかな・・・?の気持ちもあり、クチナシも入れませんでした。

久松さんの瓶にすでに梅干しと玄米味噌が入ってしまっているので、新たに野田琺瑯のラウンドストッカー10リットルを導入。これが、サイズ的にはぴったりでした。

DSC_0385.JPG今年の入り糠MIX。

DSC_0392.JPGぎゅうぎゅう。

DSC_0399.JPG炒り糠MIXと層にします(なぜかピンボケ)。

DSC_0397.JPGぎうぎう。

DSC_0398.JPG葉っぱをしきつめ、最後にまた入り糠MIXを乗せて出来上がり。

DSC_0402.JPG1㎏分の塩袋を乗せた後、今年の重し(笑)は、梅干しと味噌。

お隣は、赤鬼のようになってきた柿酢です。

出来上がりは、1月末から。美味しくなりますように♪

一昨年の沢庵づくりはこちら(→☆)や、こちら(→☆)。

その前の記事はこちら(→☆)や、こちら(→☆)です。

1月19日、板橋区のAtelier ChaChaさんと言うお洒落な一軒家サロンで味噌づくりワークショップを行います!
詳細はこちらです→ https://www.facebook.com/events/685187658311003/

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。
→→定員に達しました。振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

自然育児友の会(国分寺のカフェスロー内)でも定期的に「お台所の救急箱」を行なっています。2017年春夏クラスは、2月スタートです。
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」は、現在8期生を迎えて開催中です。これまでの講座をご受講の方で、振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「お台所の救急箱」for Venus 修了 [自然療法・代替療法]

お陰さまで講座やコンサルテーション、たくさんのご依頼をいただいており、なかなか全部をご紹介しきれておりません。(そして、写真も全然撮れていません)

先日、「お台所の救急箱」for Venus全6回を修了しました。

IMG_20161202_115340.jpg最終回は、師走に入っていたこともあり、フルメンバーの9名からはかなり少ない出席数だったのですが、それでも咳にいいと言われる美味しい蓮根湯を飲んで皆でほっこり温まりました。

「何を学ぶか?も大事ですが誰から学ぶか?の方が輪をかけて大事なのだと確信できました(*^^*)」

と、言っていただけたのが、何よりうれしかったな。

このクラスは、わたしが春に参加させていただいた、大人の女性塾ヴィーナスのお仲間から持ち上がったもので、そこに、食や農を通じて知り合ったみなさんも加わってくださいました。

バラエティに富んだ個性豊かなメンバーとのクラスは、予想外のこともしばしばおきる楽しいものでした。

村山由紀さん 今回の瀟洒なサロン、アンベリールを解放してくださった由紀さん。難病を患ってから、良くなるために一生懸命生活の改善を行われています。辛いことも多かろうにいつも明るく元気に笑っているのが印象的な方です。アンベリールで、温熱療法や、自宅エステの紹介の活動をされています。https://www.facebook.com/pg/yuki.embellir/about/?entry_point=about_section_header&ref=page_internal

青木 育子さん すでに氣流れセラピーや、リンパ整体の療法家としてご活躍中の上、たくさんの知識を持っていらっしゃる育子さん。いつもサポートをありがとうございます!深い知識と経験、優しさを兼ね備えた方です。育子さんのさくら堂はこちらhttp://sakuradou.net/therapyschool.html

門井 優子さん 3人のお子さんがいらっしゃるとは思えない可愛らしさ!教わったことはすぐに取り入れる素直さや、フットワークの軽さを見ていると、この方の可愛らしさは、ここから来るのだなぁ、と思います。チームかながわでの農の活動も頑張っておられます。

小泉 早苗さん 由紀さんと一緒に言い出しっぺになってくださった早苗さん。ヴィーナス塾や、男性経営者のための新武士道経営塾の主宰である会社経営者です。お忙しくストレスも多い中で、ご自分の健康と向き合う決心をされています。みんなを惹きつけてやまない魅力の持ち主です。http://www.mermaidkai.com/index.html

Junko Saitoさん 個性的なわたしの友人たちの中でも、キラキラと光るキャラクターたちとそれぞれにお友達だった純子さんは、伝説のコマエンジェルhttp://komaangel.web.fc2.com/の一員。お近づきになりたいと願っていたら、講座にきてくださいました!突き抜けた演劇と、ぬか漬けの、どちらもやってしまう彼女は、どこに行っても人気者です。

土肥 志津子さん ヴィーナスでご一緒した志津子さんは、美しく控えめなのに、実は男前。そして、なんとフルサウンドヴォイスの持ち主です(とてもバランスのとれた気質である、という意味だと理解しています)。脱石油のシナリー化粧品の営業所長としてバリバリ働いておられます。この化粧品とそれにまつわるストーリーや信念が大好きだから働いているけれど、けっして押し付けがましくないのが彼女の素敵なところ。http://www.sinary.com/ShopList.aspx?lid=1ck94by1zSLzQNJrgdqK0sw%3d%3d

広嶋 伸子さん おなじくヴィーナス同期生ですが、その前の湘南クラスにも出席してくださっていました。日本ではまだまだ遅れている靴文化を正しく広めて、子どもたちの心身の健康をサポートしたいと情熱を傾けていらっしゃいます。「靴のばあば」広嶋さんのママと子どもの足のサロンねむのきのブログはこちら
http://ameblo.jp/vegastar0707/

林 紀莉子さん 人生の達人のりこさんも、身体のことや自然なお手当てに関する知識はとても豊富なのにも関わらず、来てくださいました。何が起きてもめげない、笑っている彼女のヴァイタリティと包容力、いつも好奇心旺盛な姿にたくさんの元気をいただいています。

亀尾 亜以子さん ヴィーナス同期のなかでも1番若い彼女は、今、まさに大メタモルフォーゼ中!自分発見のとびらをどんどん開きつつあります。そのため、お台所の救急箱には、あまり来ることができなかったのですが、これからリラクセンスボディセラピー、にじいろまんだら、声診断などを組み合わせたどんなあいこワールドが広がっていくのか、楽しみです。http://ameblo.jp/tenderpassion/entrylist.html

~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。
間もなく定員のようですので、ご検討中の方はお早めにどうぞ♪

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会(国分寺のカフェスロー内)でも定期的に「お台所の救急箱」を行なっています。2017年春夏クラスは、2月スタートです。
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」は、現在8期生を迎えて開催中です。これまでの講座のをご受講の方で、振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自由な学校の授業って? [学び]

IMG_20161129_122113.jpg息子の学校に参観に行ってきました。

息子の学校は、ある意味とても「変わっている」ので、全国各地そして海外からの見学者が多いですし、私たち親も、いつでも自由に参観することができます。

イベント時の学校ももちろん楽しいのですが、普段の日もまた、とても興味深く、事情が許せば何度でも訪問したいと思う場所なのです。

今回は、この学校のならではの「プロジェクト」ではなく、あえて中学生の教科の授業が詰まった日を選択しました。
小学生までは、教科は明確には分かれておらず、プロジェクトのなかに組み込まれていたり、「かずのじかん」「ことばのじかん」のようなくくりになっていますが、中学校では、各教科がもう少しはっきりと分かれており、いずれ時が来れば高校受験に向き合えるように、基礎を積み重ねています。

1学年20人弱しかいないので、小さな教室の思い思いの場所に座って授業を受けます。教科ごとに、それぞれのオトナが工夫したオリジナルのプリントを使ったり、箱の中に準備されたものから好きなものを選んで理科の実験をしたり(今回は、静電気の実験をしていました)。

英語のクラスでの一場面より。

to play.jpg「toなになに、って言うのは、なになにすること、って意味だってわかったよね。
じゃあ、これは、なんだろう?My hobby is to collect stamps.」

「そこで普通の会話だと、切手集めるのって楽しい?とか、難しい?とかそんな感じになるやん?そういうときの応えかたね」

「切手集めることは、難しいよ~、って言いたかったとするよ。そうしたらなんて言おう?」

「うんうん、これが一かたまりだから、to collect stamps is difficult. いいねー。」

「でもさ、これって、合ってるんだけど、なんかちょっと頭でっかちな感じしない?」

絵.jpg「こんな風な・・・なんかちょっと頭大きすぎて、歩いてたらつまづいてまいそうやん?ちょっと困るよね。。。」(わたし、思わず身を乗り出して見ちゃいました)

「そしたら、もうちょっと動きやすくしてあげよう。ここんところのto collect stampsを、ひとまず、itに置き換えるってのはどう?」

IMG_20161129_104856.jpgなどなど・・・。のんびりした口調だけれど子どもたちの心の中にぐいぐい入っていくのがよくわかります。

IMG_20161129_114132.jpgプリントもこんな感じで・・・クラスの一人ひとりが登場して、なかなか面白いです。
実在の名前が登場しているから、ちゃんと毎年作り替えてくださっているのですよね。

国語の時間は、オトナがお休みだったため、子どもたちは自習。これが、感心することに、誰1人として無駄話をすることなく、しーーーーーーんと本を読んでいる子や、小説(!)を書いている子や。

もうひとつ、この学校の特徴的な授業として「個別」というものがあります。
全学年一斉に縦割りで行う「個別」の時間は、各教室が「数学の部屋」、「英語の部屋」など主要5教科の部屋になり、それぞれ教科担当のオトナが待っています。
子どもたちは、好きな部屋・・・自分が得意な教科の部屋にでも、わからないことがある部屋にでも・・・に散っていくのです。
オトナがいるから、わからないことは聞きに行くのかと思いきや、そういう子は比較的少なく、むしろそれぞれ数人ずつでかたまって、上の学年の子や、理解できた子が、まだよく理解できない子に説明してあげているのです。

IMG_20161129_120307.jpgホワイトボードを使って、3年生が1年生に計算の仕方を説明。

IMG_20161129_120030.jpgこちらでは、2人でコンパスを使って、合同な三角形を描こうとしています。

IMG_20161129_120205.jpg「これわかるー?」と、頭を寄せあう2年生たち。

人に教えることってとても勉強になるから、お互い大きな学びになっているはずです。

自分はよく理解できていないからと、もう一度教科書の最初の方からこつこつとおさらいしている子もいます。わからなければわかるまで、そんな当たり前だけれど、なかなかできないことが自然にできているように思います。

ここの教育は、素敵です。一方で、「素敵だけどね・・・高校生や大人になったときに、ちゃんとやっていけるの?」などと言う疑問が投げかけられることも多いです。

今の時点で比べれば、バリバリ受検勉強をやっている子たちよりも問題を解いたりするのは遅いかもしれない。だけれど、きちんと根っこは学べている、身についている、ということがはっきりとわかりました。

なにより、学校を訪れるたびに、それぞれの年齢の子どもたちが、生き生きと自分らしくいることを確認し、とても安心します。中学生が、眼を輝かせて「学校、楽しいに決まってるじゃん!」と言うのです。

そして、たまたまこの学校に出会うことができたラッキーな子どもたちだけではなく、望んでいるあらゆる子たちが、心地のよい学びを得られるようにするために、私には何ができるか?と言うことを、日々真剣に考えています。

まずは、こんな学びの方法もあるよ、と言うことを発信し、既存の教育がすべて、という多くの人の眼についているウロコが少しずつでも落ちていくように貢献していきたいな、と思うこの頃です。

息子の学校に関するその他の投稿はこちらです(下に行くほど新しい投稿です)。

「そんなオトナでありたい」 (→☆

「調べる、考える、伝える」 (→☆

「美味しい納豆のつくり方」 (→☆

「晴れ、ところにより涙の会」 (→☆

「感性が花開き始めるとき」 (→☆

「『待つ』ことの大切さ」 (→☆

「循環する社会の知恵」 (→☆

「米粉の研究」 (→☆

「みんなのチカラ」 (→☆

「信じること」 (→☆

「落ち葉がキラキラ秋祭り 〜オリンピックよりももりあがれ〜」 (→☆

「つくる、食べる、考える」 (→☆

~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。
間もなく定員のようですので、ご検討中の方はお早めにどうぞ♪

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会(国分寺のカフェスロー内)でも定期的に「お台所の救急箱」を行なっています。2017年春夏クラスは、2月スタートです。
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」は、現在8期生を迎えて開催中です。これまでの講座のをご受講の方で、振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

きのこの山・・・旬のものを保存できる贅沢・・・ [暮らし]

連日のきのこ投稿ですが・・・。

先週は、11月だというのに、暖かいと言われているここ湘南でも雪が降り驚いたのですが、雪が溶けたら、なめこがぐぐっと大きくなっていました!

DSC_0321.JPG感激。

自家製のなめこのお味噌汁は、それだけで御馳走になる旨さです。

そして、先週は、横浜で椎茸ときくらげを作られている永島農園さん(味噌づくりWSに出てくださり、ご縁が繋がりました)から、急にキャンセルが出て行き場を失った椎茸たちがあるとのお知らせがあり、購入させていただいたのできのこの山!

と言うわけで、わたなべあきひこさんに教えていただき、憧れのきのこのプリザーブを作りました。

DSC_0319.JPG去年作った柿酢にスパイス類を入れてことこと。

DSC_0323.JPG1㎏のきのこは、こーんなにたくさん!

でも、しばらく火を通すとびっくりするほど縮みます。

そしてこれまた庭から採ってきたタイム、月桂樹とともにオイル漬け。

DSC_0335.JPGああ、美しい。

採れたてのものも美味しいけれど、時間がさらに美味しくしてくれる。旬のものが保存できるほどにあるという、この贅沢。

じっくり待ちます。

このプリザーブの詳しい作り方は、いつも広い心で惜しみなく知恵を授けてくださるわたなべあきひこさんのブログにあります。
http://d.hatena.ne.jp/musikusanouen/20111025/1319523002


~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

憧れのダーニング・マッシュルームで上がる繕い物 [暮らし]

よく覚えていないけれど、確実に2年以上は探し続けていたダーニング・マッシュルーム。
なかなか出会えなくて、仕方なくアマゾンUKに注文した途端に、友人に連れて行ってもらったMokichi Foods Garden内のokeba gallery&shopにて唐突に出会いました。

IMG_20161118_125323.jpg速攻アマゾンUKをキャンセルしてこの美しいマッシュルームを購入。
靴下の穴など、繕い物をするための道具です。

これまでは、ガラス瓶などを使ってやっていた繕い物。これならば格段に使いやすいし、気持ちも上がる~!

DSC_0296.jpgこんな風に、毛糸を使って布を織るように穴をふさいでいきます。

楽しい♪

と言うわけで、現在の私は、穴のあいたものを虎視眈々と狙っています(笑)。

DSC_0314.jpgあえて目立つ色で繕うのが可愛い。

マッシュルームつながりで、八ヶ岳の植菌仲間に遅れること数か月でしたが、この1週間の間にぐっと冷え込み、

DSC_0294.jpgひらたけ(最高に美味しい!)も

IMG_20161125_111842.jpgなめこも!

週末は、きのこ尽くしかな♪

~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

干し柿・梅酢を作ろう♪ [暮らし]

以前住んでいたところは、町田市の中でも風通しがよく寒い地域だったので干し柿は時々作っていたのですが、湘南ではカビが怖くて作ることができませんでした。

DSC_0219.JPGでも、友人が美味しいあんぽ柿(燻蒸したという意味ではなくて、とろとろの柔らかい状態の干し柿と言う意味で)をプレゼントしてくれたのをきっかけに、やっぱり作りたいなぁという気持ちがふつふつと。

息子の元担任でもある山梨県南アルプス市の小野大正園「おのっち」に相談したところ、「勝平」(かつへい)という小ぶりな品種であれば、大丈夫!とのことで今年もチャレンジすることにしました。

DSC_0269.JPG届いたのは、こんなに美しい柿たち。

早速晴れている日を選んで下ごしらえに入りました。

干し柿と言うと、T字になった軸の部分を荷造り紐などに挟んで連ならせている姿を思い浮かべる方も多いかと思いますが、小野大正園では翌年のことも考え、樹にとって優しい収穫方法をしていますので、軸はT字になっていません。

DSC_0272 - コピー.JPGなので、タコ糸を、輪にして、こんな風に両端結びます。

DSC_0273.JPG

DSC_0280.JPG10秒ほど熱湯消毒の後、軒下の物干しに掛けました。

DSC_0282.JPG正確には、物干しに掛けてしまうと生活に支障が出るので、このように物干しの上にさらに1本竿を渡して。

熱湯消毒の後の水分が少し残っている感じが不安だったので、ウォッカをシュッシュとかけてさらに消毒をしながら水分を飛ばしました。
(私は仕事柄ウォッカがあったのでこれを用いましたが、35度以上の焼酎でOKです)

DSC_0291.JPGそして、もちろん皮も捨てずに大切に乾かします。

DSC_0301.JPG10日後の今日は、こんな感じ。
表面が乾いてしなびた感じになってきたので、今日はそっとモミモミしてあげました。

おのっちによれば、干している途中に揉むことで(通常2回、表面が乾いてきてからと、そこから数日あけて)

① 渋が早く抜け、
② 仕上がりが早くなり、
③ 軟らかい仕上がり

になるそうです。

皮を剝かずに取っておいたものが、少し柔らかくなってきたので、柿酢も仕込みました。
去年の柿酢作りの様子は、こちらや(→☆)、こちら(→☆)です。

DSC_0299.JPG昨年は、自宅の甘柿で作った柿酢ですが、今年は、鳥たちが日々大宴会をして食べてしまったので、柿酢もこの勝平で。酵母スターターとして、一番下の真ん中に1つだけ我が家の完熟甘柿を入れました。

明日は、このあたりも雪の予報が出ています。干し柿も、柿酢も、ぎゅぎゅっと旨味を濃縮させて美味しくなってね~☆

今年の生柿は、もう終わってしまいましたが、小野大正園では、干し柿も作っています。
来年の渋柿(生柿)が欲しい方も、今年の干し柿が欲しい方も、小野大正園さんにFAX(055-282-4655)すれば、購入できます。

小野大正園さんは、初夏から秋にかけて、さくらんぼ、桃、葡萄と山梨名産の美味しい果物の販売や、果物狩りを行っています。

来年こそは!と思った方、今からチェックしておいてね♪
小野大正園さんのウェブサイトは、こちら(→☆)。

我が家は、普通の住宅街のなかにある一軒家です。そして、夫は普通のサラリーマン、私は個人事業主です。都市部のごくごく「普通」の家庭でできる限り自然の理(ことわり)にのっとった暮らしを模索しています。

~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パーマカルチャー翻訳プロジェクト始動! [農]

パーマカルチャーの創始者の1人であるBill Mollisonが亡くなったと言う悲しいニュースが流れたのは、9月の終わりでしたが、その少しあと、日本のパーマカルチャー界の大御所であるPCCJの設楽さんの呼びかけで、Billの著書である「Permaculture; A Designers' Manual」を翻訳しよう、というプロジェクトがスタートしました。

IMG_0131.JPG

15日は、青山にてその初のミーティング。遠く高知や福岡から参加した方もいらっしゃり、全574ページの本を訳し、Billの思いや哲学、そして技術をもっと知ろう、という気持ちで盛り上がりました。

「空いているどの章でもいいです」と申告したところ、割り当てられたのはSoil(土壌)の章。興味のある章でしたから嬉しかったのですが、よりよく見てみると、なんと、Hydrogen(水素)、Lithium(リチウム)、Nitrogen(窒素)など、がっつり書かれた箇所が(笑)。

元素周期表好きとしては、なんという運命的な出会い!とちょっと感激もしたのです。
ずっしりと大きく重い本を20人弱で訳すのは、決して楽なことではないとは思いますが、おそらくもっと知り合いになったらかなり面白い人たち、すごい人たちであろうこのメンバーとのプロジェクトは、間違いなく楽しいものとなりそうです。
ちょっと畑違いの英語ではありますが、ワクワク取り組みたいと思います。

興奮のあまり、年季の入った本の写真を撮ることは忘れてしまったのですが、お仲間が快く写真を使わせてくださいました!重厚で素敵な本じゃないですか?

~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆http://ameblo.jp/krumi10/entry-12218786176.html)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康