So-net無料ブログ作成

壮大なDIY計画 立秋の進捗 [家]

菅平.JPG厳しい厳しい暑さのなか、立秋の一昨日から少し空気が変わった感じでしょうか。
(写真は、まだまだ夏の日にラグビーの聖地、菅平で撮った朝もやです。)

いかがお過ごしですか?

DSC_0732.JPG湘南の我が家では、太陽光が順調にガスになり代わってお湯を作ってくれています。

この夏は、昔ながらの扇風機1台とシーリングファンでほぼ過ごしていましたが、お友達が泊まりに来たのと、息子の部屋があと少しで完成しそうなのを機に、小さい扇風機をもう1台導入したところ、快適です。

梅が豊作だったので、いつもの3点セット(梅干し、梅酒、はちみつ梅シロップ)以外にも

DSC_0626.JPGこんなもの(レモンとシナモンを一緒に漬け込んだ梅のはちみつシロップ)や

DSC_0699.JPGこんなもの(梅ジュースと黄桃のコンポートのゼリー)を作ってみたり。

ゼリーも、シナモンスティックを煮出してみたらよく合いました。また作ろう。

息子の学校は、登校日やら宿題もないですし、ラグビー以外は部活もお稽古事もないので、基本的に「ヒマ」なのですが、

私の仕事に付き合って講座の手伝いをしてくれたり、

実験検定.JPGボランティアをしている実験検定の参加者になったり、

江ノ島.JPG一緒にSUP(=Stand Up Puddle ボードの上に立ってパドルで漕ぐマリンスポーツ)をしに行ったり、

食事の準備を並んでしたり、ラグビーの練習をしたりして過ごしています。

DSC_0700.JPG部屋でゴトゴト音がしているので見に行くと、しばらく止まっていたデスク付きベッドのDIY中(以前の様子は、こちら→✩)。

DSC_0674.JPG学校や夫に少しのコツは教わったようですが、作り上げる順番、どうするとズレずに思った位置に板を付けられるか、など自分なりに工夫していて感心しました。

DSC_0680.JPG

DSC_0696.JPG天板を乗せてデスクにした脇をはしごにしたら、ずいぶん昇りやすくなりました。

あとは、物掛けとカスガイを取り付けて完成だそうです。

そして、夫の方のDIY(→✩)もゆっくりですが着実に進んでいます。

DSC_0705.JPGアプローチ横のコーナー。

DSC_0702.JPG水道管の蓋の上にはすのこを乗せて見栄えをよく。

DSC_0703.JPGこちらは、玄関前、クローバーが芽吹き始めています。

DSC_0710.JPG数は少ないですが、ブルーベリーも色づいてきました。

DSC_0716.JPG土が合わないのかなかなか大きくならない和綿にも、小さな花が!

キーホールガーデンには、様子見で野菜は植えたもののほとんど手入れはできず、まさに自然農(と呼んでは失礼だけれど)状態。
それでも次々となっているインゲンや胡瓜を、義母が定期的に収穫してくれています。

そして、懸案だったテレビ台もできました。

うちは、もともとあまりテレビを見ないので、前の家も、新しい家も、テレビは小さいものを収納の中にしまっています。
観るときには、 床が傷つかないようにそーっと引っ張り出していたのですが、

DSC_0676.JPGキャスター付きの台ができて格段に楽になりました。

壮大なDIY計画なので、全体を見ると全然進んでいるように見えないのですが(それどころか、どんどん「雑草」と呼ばれるいろんな草が生えてきていますが)、それでも少しずつ進んでいます。

~*~*~*~*~*~*~*~

自然育児友の会での「お台所の救急箱」2015秋期は、9月16日のスタートが決まりました!

詳細はこちら(→✩)。

お申し込みは自然育児友の会まで(→✩)。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピー、望診法に基づいた食事指導による健康相談(コンサルテーション)を行っております。
場所は、藤沢、町田(玉川学園)ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション、講座(新規ご依頼も受け付けています)、どちらもお問い合わせはchezmomo@sc4.so-net.ne.jp 足立までお気軽にどうぞ。

お会いできますことを楽しみにしております。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ミニミニ・フォレストガーデンへの道 [家]

ずーっと雨が続いていたかと思ったら、一転、猛暑がやってきましたね。

昨日は立川、今日は渋谷で仕事だったのですが、ちょっと身の危険を感じるほどの暑さでした。

藤沢に帰ってくると、海が近いせいか、すこーしだけ涼しい気がします。

そして、家の中は、冷房などなくても(実は扇風機もまだ出していないけれど)過ごしやすくてびっくり。

__ 2.JPG外の気温は、34.4℃だったのですが、

__ 1.JPG深い軒効果で家の中は、29℃をギリギリ切っています。

無垢の床と漆喰の壁のお陰で、湿度も低く快適。
(実は、ずっと雨が降っていた間も家の中はさらさらでした)

昔の人の知恵、改めて驚きました。

DSC_0203.JPG太陽熱温水器のお湯もタンクいっぱいに溜まっています!

恵みの雨の中、表に並べて植えた実のなる樹たちが次々に花を咲かせていました。

フェイジョア.jpgフェイジョア。

DSC_0179.JPGレモン。

DSC_0181.JPGブルーベリー(花じゃないけれど)。

あとは、ジューンベリー、オレンジ、ブラックベリー、ブラックカラント(カシス)。

これらの間には、向日葵や、和綿、かぼちゃやズッキーニも植えていて、ミニミニフォレストガーデンを目指しています。
楽しみ~✩

暑いのですが、夫は、ラグビーの合間を縫って、引き続き庭づくりをしています。

家を建てるのに掘り起こした土なので、石ころだらけ。
DSC_0202.JPG少しずつフルイにかける作業は、地道で大変です。

DSC_0209.JPG最近できたのは、北側玄関前のスペース。

庭のいたるところに転がっていた玉石を使って仕切りを作り、ここには、日陰や湿った場所を好む和洋のハーブ類を植える予定です。

DSC_0206.JPG地面から突き出ていた全然素敵じゃない水道ですが、これも砂利を敷いて、

DSC_0205.JPG50年前のトイレタイルをちょこっと飾ったら可愛い感じになりました。

「トイレタイル、どっかにもっといっぱい埋もれているはず」と、夫。

今と昔をつなぐ玄関になったら、それも嬉しいな。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ChezMOMOのコンサルテーション(自然療法による健康相談)は、藤沢市、町田市(玉川学園)、横浜市青葉区(こどもの国駅近く)のサロンほか、出張でも行っております。

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(カフェスロー内)、7月23日の最終回は、熱のお手当てや、夏の暑さも少し冷ましてくれる「椎茸スープ」の実習を行います。
単発参加もOKです。
詳しくは、自然育児友の会のHP(→✩)をご覧ください。

秋からも、また同シリーズ(全6回)を行うことが決まりました。

「お台所の救急箱」、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」、どちらも湘南エリアでも開催したいと思っています。

詳細決まりましたら、こちらにもUPしますね。

東京都内、神奈川県内、3~5人以上集まって頂ければ、オーダーメイドの出張講座もいたします。

その他、お問い合わせ、ご質問など、お気軽にchezmomo@sc4.so-net.ne.jp 足立までどうぞ。

※ 最近、携帯アドレスからのメールのお問い合わせが多くなっておりますが、受信設定の関係で、こちらからのお返事が届かないケースが増えています。
携帯からメールをくださる方は、大変お手数ですが、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp からのメールを受信できるように設定して頂ければ幸いです。
メールをくださったのにお返事が届かない方は、設定の上、再度ご連絡いただければ、返信差し上げます。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

壮大なDIY計画 ~夫編~ [家]

DSC_0717.JPG毎週日曜日は、今までに引き続き、はるばる神奈川県を縦断して多摩市のラグビースクールに通っています。
今日は、暑い中での試合でした。

昨日に引き続き、壮大なDIY計画、今日は夫編です。

1_a_ 2.JPG外構や庭は、ほぼ手付かずなので、夫を中心に頑張っています。

2_b_ 2.JPGこちらは、義母の玄関の前のアプローチ。

3_DSC_0292.JPGこつこつと土を盛り、鉄平石を敷き、玉砂利で埋める・・・と、書くのは簡単ですが、夫は連休のほとんどをこれに費やしました。

4_b_ 4.JPG

5_c_ 3.JPG

6__ 4.JPG

_f_ 2.JPG祖父の故郷、丹波から来た巨大な石も無事収まり・・・。

DSC_0302.JPG

(別にビールを飲みながらやっているわけではなく、水を注ぐため・・・だそうです)

DSC_0507.JPGちょこっとだけキーホールガーデンの基礎もできました。

とりあえず、クローバーと燕麦をまいています。

DSC_0734.JPG今日は、ラグビーの後に、届いたジューンベリーを植えました。

残念ながら花の時期は終わってしまったけれど、葉っぱや枝ぶりも清楚な感じでいいなぁ。

夫が子どもの頃から植わっている樹と、新しい樹を織り交ぜて、循環する庭にできると嬉しいです。

DSC_0295.JPGというわけで、庭の方は、まだ何ヶ月も、ひょっとすると何年も続きそう。
人手は絶賛大募集中です^^

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ChezMOMOのコンサルテーション(自然療法による健康相談)は、藤沢市、町田市(玉川学園)、横浜市青葉区(こどもの国駅近く)のサロンほか、出張でも行っております。

現在進行中の講座:

「お台所の救急箱」 毎月第4木曜日 (自然育児友の会@カフェスロー→✩
単発での参加も大歓迎です!

家庭のホメオパシー・セルフケア講座:土曜コース (三鷹市)

家庭のホメオパシー・セルフケア講座:平日コース (昭島市)

秋には、赤羽でもセルフケア講座開講の予定です。

湘南地区でも、開講できるといいなぁ。

その他、お問い合わせ、ご質問など、お気軽にchezmomo@sc4.so-net.ne.jp 足立までどうぞ。

※ 最近、携帯アドレスからのメールのお問い合わせが多くなっておりますが、受信設定の関係で、こちらからのお返事が届かないケースが増えています。
携帯からメールをくださる方は、大変お手数ですが、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp からのメールを受信できるように設定して頂ければ幸いです。
メールをくださったのにお返事が届かない方は、設定の上、再度ご連絡いただければ、返信差し上げます。
    
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

壮大なDIY計画 ~息子編~ [家]

お店ごと持って帰っちゃいたいくらい、大好きな大好きな花屋さんが、17年の歴史を閉じてしまうと聞きました。
このお店が近所にできたとき、どんなに嬉しかったことか。
閉店してしまうと聞いて、自分自身が引っ越すのにもかかわらず、残念すぎて涙が出てしまいました。

で、最後のお花は、自分に・・・と思って誕生日のために、お任せで作っていただきました。

ラ・フォレ・ノアール(黒い森)という名前のこの花屋さん、可愛らしいだけではなく、珍しい花やグリーンも使いながら、とても個性的な花束を作ってくれます。

今回届いたお花は、黒いカラーとアスクレピアスという一見食虫植物のようにも見える実を中心としたもの。

(以下、お昼間に花の写真を撮る時間がなく、LEDライトの下で撮っているもので、残念ながら絶妙な色や形、質感が写真に写っていません・・・ごめんなさい)

DSC_0486.JPGラッピングに包まれている時は、「黒い森」の名にふさわしい雰囲気。

DSC_0525.JPGでも、ラッピングを外すと、軽やかな感じに表情が変わり、

DSC_0522.JPGさらに、翌日になると、ピンクのお花が開いてきたり、綿毛が飛び出してきたりでなんとも愛らしい印象に。

さすが!と唸るような花束は、今もまだ、私たちを楽しませてくれています。

DSC_0495.JPGそして、なんと私がこの花屋さんが大好きだと知っている妹からも、こんなのが届きました。

お花はもちろん、この花器も素敵!

ラフォレノアールでクリスマス・リースを作った時の投稿はこちら(→✩)です。

復活の日を心待ちにしています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さて、たくさんの職人さんの手や、樹の力を借りて出来上がった新しい家ですが、経済的な事情もあり、壮大なDIY計画をを立てています。

__ 1.JPG連休から週末にかけて、家族3人でひたすらずっとホームセンター通いと検索と作業の日々。

私は、とにかく一日も早く日々の生活を整えようと、大きな箱状態の収納をいかに使い勝手よくするか、夢に見るほど考え、試行錯誤していますが、写真に残すほどのものでもなく・・・。

DSC_0289.JPG息子はというと、空っぽの部屋に、自分のベッド兼机を作るのに奮闘していました。

DSC_0273.JPGホームセンターで買ってきた木材。

DSC_0298.JPGひたすら切って・・・

DSC_0511.JPG

_c_ 5.JPG

_c_ 4.JPG

_d_ 2.JPG釘を打つ。

_d_ 5.JPG今どきは、金づちでトンカンではなく、インパクトドライバーを使うのです。

_e_ 1.JPGベランダに穴を開けちゃうんじゃないかと心配もしましたが、学校で自分の勉強机を作った経験が生かされ、安定した手つきで黙々と作業を進めています。

_e_ 4.JPG

_g_ 2.JPG今日は、私は仕事(セルフケア講座@三鷹)だったのですが、帰ってきたら、こんな状態に!

我が子ながら感動です。

_g_ 4.JPGもう少し補強して、デスクの天板を乗せ、はしごを付けたら完成だそうです。

子どもって、どんどん育つ。

ちょっとドキドキしてしまいました。

長くなってしまったので、夫の外構や庭仕事に関しては、また別の投稿で書きます!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ChezMOMOのコンサルテーション(自然療法による健康相談)は、藤沢市、町田市(玉川学園)、横浜市青葉区(こどもの国駅近く)のサロンほか、出張でも行っております。

現在進行中の講座:

「お台所の救急箱」 毎月第4木曜日 (自然育児友の会@カフェスロー→✩
単発での参加も大歓迎です!

家庭のホメオパシー・セルフケア講座:土曜コース (三鷹市)

家庭のホメオパシー・セルフケア講座:平日コース (昭島市)

秋には、赤羽でもセルフケア講座開講の予定です。

湘南地区でも、開講できるといいなぁ。

その他、お問い合わせ、ご質問など、お気軽にchezmomo@sc4.so-net.ne.jp 足立までどうぞ。

※ 最近、携帯アドレスからのメールのお問い合わせが多くなっておりますが、受信設定の関係で、こちらからのお返事が届かないケースが増えています。
携帯からメールをくださる方は、大変お手数ですが、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp からのメールを受信できるように設定して頂ければ幸いです。
メールをくださったのにお返事が届かない方は、設定の上、再度ご連絡いただければ、返信差し上げます。
    
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

こんな家に住みます [家]

どーん、と段ボールが届いた投稿のままになってしまいましたが・・・。

その後、会社時代の同期会で嬉し懐かしの充実時間を過ごしてからは、

DSC_0084.JPG息子が中学校に入学し、

DSC_0128.JPG福島県の会津から最後の泊まり客を迎え・・・

DSC_0191.JPGロートアイアンの取り付けに立ち会い・・・

まだ少し残りもあるけれど、ほぼ出来上がった家の引渡しがあり・・・

DSC_0257.JPGそしてひたすら段ボール詰めと、合間を縫って仕事に行ったり、整形外科に行ったり、役所仕事をしたり、友人たちと別れを惜しんだりしていました。

快晴の中引っ越して、あっという間に1週間も経ってしまったのにはびっくりです。

新しい家は、義母との二世帯住宅ですが、前の家をリフォームした時の大好きな建築家さんに今回もお願いし、シンプルだけれど、私たちが大切にしたいこと、ものを凝縮させたような家を設計していただきました。

DSC_0315.JPGグレーの三角屋根、平屋の部分が義母の住まい、2階建ての部分が私たちの住まいです。

DSC_0310.JPGたくさんの樹の力を借りた家は、よく風が通り、夏涼しく、冬暖かいように深い軒があります。

DSC_0959.JPG私たちも少し塗らせていただいた漆喰の壁と

DSC_0324.JPG無垢のオークの床。

家の中のどこにいても、お互いの気配が感じられるように、いたるところに工夫が凝らされています。

身の丈にあった、小さいけれど無駄のない家にしたかったので(それにお財布も厳しいし)、コンパクトにまとまってはいますが、窓の配置、階段の形、空間の使い方など、実際の面積よりずいぶん広く感じられるような気がします。

DSC_0164.JPGそして、家族揃って本好きの私たちのために、建築家の岡本さんは、2階廊下にこんな素敵な本箱を提案してくださいました。

DSC_0228.JPG下から見るとこんな感じ。

DSC_0229.JPG大工さんたちの地道な手作業の賜物です。

DSC_0247.JPG電気的なオフグリッドは、今回は厳しかったので、発電に関しては今回は諦め、その代わり太陽光で温水を作るシステム(もっとも原始的だけれど、効率的な太陽光の利用方法だと私は思っています)と、雨水を溜めて利用できるシステムを取り入れました。

DSC_0330.JPGもちろん、oasisの渡辺さんが作ってくださったロートアイアンの数々も、どれも見るたびにキュンとなるほど素敵です。(これは、私たちの部屋から、吹き抜けの向こうの息子の部屋の窓を見たところ)

玄関に根ざした大木に家全体が抱かれているようなイメージ。

DSC_0202.JPG表札は、2世帯それぞれの玄関を示すように家の角につけるようにしているので、思い切って、従来の「表札」のイメージを破った立体的なデザインで。

DSC_0208.JPGChezMOMOの看板も作っていただきました!

oasisさんでの体験談はこちら(→✩)。

oasisさんのブログは、こちらです(→✩)。あ!うちが載ってる(^.^)

庭や外構はこれから自分たちでやっていく予定です。

・・・というか、その前に段ボールを片付けなくては。

この家のこと、庭を作っていく工程なんかも、これから少しずつご紹介していきますね。

大好きだった街を離れて、少しホームシック気味ですが、この街でもたくさんの素敵な出会いがあるといいな、きっとあるだろう!と楽しみにしています。

お近くの方、ぜひ声をかけてくださいね。

色々、教えてください♪

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ChezMOMOのコンサルテーション(自然療法による健康相談)は、藤沢市、町田市(玉川学園)、横浜市青葉区(こどもの国駅近く)のサロンほか、出張でも行っております。

現在進行中の講座:

「お台所の救急箱」 毎月第4木曜日 (自然育児友の会@カフェスロー→✩
単発での参加も大歓迎です!

家庭のホメオパシー・セルフケア講座:土曜コース (三鷹市)

家庭のホメオパシー・セルフケア講座:平日コース (昭島市)

秋には、赤羽でもセルフケア講座開講の予定です。

湘南地区でも、開講できるといいなぁ。

その他、お問い合わせ、ご質問など、お気軽にchezmomo@sc4.so-net.ne.jp 足立までどうぞ。

※ 最近、携帯アドレスからのメールのお問い合わせが多くなっておりますが、受信設定の関係で、こちらからのお返事が届かないケースが増えています。
携帯からメールをくださる方は、大変お手数ですが、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp からのメールを受信できるように設定して頂ければ幸いです。
メールをくださったのにお返事が届かない方は、設定の上、再度ご連絡いただければ、返信差し上げます。
    
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

KIN1の漆喰(しっくい)壁塗り [家]

DSC_0902.JPG藤野にある「里山長屋」のお手伝いに行ったりしながら、新しい家は、夢を言うならば、できる限りセルフビルトで・・・なんて妄想していたこともありますが、現実を見るとそういうわけにもいかず、むしろ、都会のサラリーマン生活をしながらできること、という感じに頭を切り替えています。

長屋で土壁作りをしたときの投稿は、5年前ですが、こちら(→✩

私は、竹の小舞を編むところしかできませんでしたが、夫はその後2回ほど土壁塗りに参加しました。

アプローチを作ったときの投稿は、こちら(→✩

新しい家で絶対に譲れなかったのは、無垢の床と漆喰の壁。
これは、今住んでいる、家をリフォームした時にもこだわった部分で、QOL(Quality of Life)の向上に絶大なる効果があると私は思っています。

で、職人さんたちお忙しい中、とても申し訳なかったのですが、今日は、壁の漆喰塗りをさせていただきに行きました。

昔ながらの漆喰は、空孔率が高くて比表面積が大きい(つまり目に見えないような細かい穴がたくさん空いている)ので、空気を浄化したり、湿度を調整する能力がとても高く、またアルカリ性なのでカビも寄せ付けません。

私たちの今の家がエアコンなしでも快適でいられるのは、漆喰と無垢の床のお陰だと思っています。

同じような材料として珪藻土が知られていますが、珪藻土はバインダー(糊のようなもの)を入れる必要があるのに対し、漆喰は、それだけで二酸化炭素を吸いながら、自ら固まっていくので、バインダーなし100%のものが使えます。
(たぶん、珪藻土は、アルカリでもないと思います)

バインダーが入っていないため、素人が塗るのは難しいと言われているので、人目に付くところはプロにお任せし、私たちは、物入れの中の一部の塗りに加わらせていただくことになりました。

DSC_0915.JPG残念ながら、竹の小舞ではないですが・・・まずは、ボードの上に刷毛やローラーで下地を塗ります。
絵の具もそうですが均一に「ベタ塗り」するのは、意外と難しい。

DSC_0891.JPG職人さんたちは、この下地も綺麗に素早くコテで塗っていきます。

DSC_0935.JPG色々な形のコテを使い分けるのですか?とお聞きしたところ、形はそんなに重要ではなく、むしろ板の部分の厚みを、0.3ミリとか0.5ミリとか使い分けるのだとのお答え。びっくり!

DSC_0947.JPGそして、漆喰。

仕上がりは、ややクリーム色がかったほとんど白なのですが、塗る前は、こんな色で少し心配になったり。

DSC_0959.JPG思っていたよりずっと薄く、硬いパンにバターを塗るように均一に塗っていきます。

私の感覚では、ケーキのクリーム仕上げとか、壺に仕込んだ味噌の表面をならす感じ。
慣れないと、ぼたぼた落としてしまったりしますが、きれいに塗れると嬉しいし、もくもくと塗っていく作業は気持ちが落ち着いて、楽しいです(こう書くと、なんだか相反する感情のようですが、この通りなんです)。

一度塗ってから、少し乾いたところを、もう一度きゅーっとならしていくと、綺麗な艶が出てきます。

DSC_0936.JPG職人さんたちは、本当に作業に無駄がなく、一つ一つの動きが美しい。

今日終わったところ・・・と、写真をお見せしたかったのですが、撮るのを忘れてしまいました。

息子を急かすことをしたくなかった、というのもあり、思っていたほどに作業は進みませんでしたが、まあいいでしょう。
また続きをしに行きます。

DSC_0894.JPGこちらは、造作で作っていただいた、私の仕事専用の本棚。かっこよくて嬉しい♪

DSC_0938.JPGそして、あるところに使うために、大工さんは、いくつもいくつも丁寧に箱を作ってくださっています。
頭が下がります。

DSC_0922.JPGかぶり付きで見る息子。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今日は、満月の皆既月食、そしてマヤの暦ではKIN1で新しい1年が始まります。
私も、大きな1歩のための書類を提出してきました。
身の引き締まる思いです。
  


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鍛冶屋入門 [家]

以前、「埋炭をしました」という投稿をしましたが、実は現在夫の実家のあるところに義母と一緒に暮らせる家を建てています。

もともと夫は建物に興味のある人で、今住んでいる家は、古い古い家をリフォームして、無垢の床と漆喰の壁にしました。

新しく建てる家は、お洒落でも最新式でなくてもいいから、材などにはこだわって、大地に近い暮らしができるようにしたいね・・・と話し合っていました。

やりたいことを全部実現するのは無理だけれど、自分たちの出来る範囲で心地のよい家を作りたいと、リフォームをお願いした建築家さんと相談しながら少しずつ進めています。

そんな中で、是非とも仕事をお願いしたかったのが、「多摩くらふとフェア」の投稿で触れたoasisの渡辺さん。

表札をはじめ、いくつかのインテリア小物をお願いすることにし、打ち合わせを重ねて来ました。

そして、今日は、作業の見学とちょっとの体験をさせていただくために、お忙しい中時間を作っていただき工房を訪ねました。

はじめての鍛冶屋体験。わくわく、どきどき・・・。

仕事の道具はカッコいいと常々思っていますが、ここの工房は、何から何までカッコいいのです。

DSC_4257.JPGこんなアンティークの時計も。中にちっちゃい振り子が入っています。

oasisの渡辺さんにお願いしたかった理由は、この方の作品が、ロートアイアンの重厚さ、素朴さを残しながらも、同時に繊細なラインで軽やかさも表現していることと、そして、自然の中の動植物のモチーフを多く取り入れていることからです。

DSC_0329.JPG工房(というか、工場サイズですね)に入ってまず目についたのはこちら。
私たちがお願いしたものの原寸大図面です。

DSC_0331.JPGすぐに、「トイレットペーパー・ホルダーは、もう形はできているんです」と見せてくださったのがこちら。

まだ最終的な仕上げはできていないけれど、ずっしりとした、手作りの味がなんとも素晴らしいペーパー・ホルダーです。

私たちが今回体験させていただいたのは、タオル掛けと、壁に付ける葉っぱ型フックの簡単な作業。

DSC_0337.JPGタオル掛けは、丸棒から作ります。

ただの丸棒をねじっても、あんまりねじったとわからないから(笑)、まずは、丸棒を叩きます。

DSC_0343.JPG小人の靴屋さんが使っているような台の上でハンマーで叩いて。

そして、こんなものの助けも借ります。
DSC_0346.JPG動きが速すぎて写っていませんが、油圧の巨大ハンマー(?)。

これをバーナーで熱して、ねじる!

DSC_0359.JPG「鉄は熱いうちに打て」との指示通りに、慎重かつ素早くぐいぐいとねじります。

DSC_0373.JPGそのあとは、図面の大きさに従って、こんな治具(こういうのは、それぞれの職人さんが自分の使いやすいように作るのだそうです)を使って丁寧かつ大胆に曲げていきます。

DSC_0389.JPG最後は、ネジで止めやすいように端を潰します。

DSC_0401.JPG出来上がり。

DSC_0407.JPGはあぁ~~~っ!これだけで、ため息が出るほどかっこいいです。

葉っぱの形のフックは、板から作ります。

お手本の真似をしながら、葉っぱの形を書いてみました。

DSC_0413.JPGこれを、すごーく細い火を出しながら、同時に強い風を吹き付ける専用のバーナーで切り取ります(もちろん渡辺さんが)。

切れた線の隙間から見える火花が綺麗。

DSC_0430.JPGうーむ、微妙・・・。

DSC_0420.JPGしかし!!!ここに渡辺さんの手が入ると、途端にまるで魔法のように、息を吹き込まれたように、無機物が有機的になるのです。

DSC_0422.JPG惚れ惚れ。

葉っぱ.jpg

商店街の看板を見て、思い切ってコンタクトしてみてよかった!お願いしてよかった!

最近は大人気のようで、お忙しいし、素人が入ると邪魔だろうに、快く見学や体験をさせていただき、なんだか色々なことがぐっと彩り豊かになってきたような気がします。

表札と、そしてもう一つお願いしている大物も楽しみです。

:*~*:._.:*~*:..:*~*:._.:*~*:..:*~*:._.:*~*:..:*~*:._.:

今年も自然育児友の会で「お台所の救急箱」を行わせていただくことになりました。

今年は、毎月の開催となります(全6回)。

詳しくは、自然育児友の会のウェブサイトをご覧下さい。
http://shizen-ikuji.org/mothering/news/class_news/teate.html

通常のコンサルテーション、講座のご依頼は、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp 足立百恵までお気軽に♪
 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

埋炭をしました [家]

イヤシロチ、ケカレチって聞いたことありますか?

聞いたことがなかったとしても、例えば、「駅前のあそこの場所に入るお店、場所は悪くないはずなのにいつもすぐに潰れちゃって、次々変わるよね・・・」とか、「ここに越してきてから、どうも家族が体調を悪くするのよね」などと言うのは聞いたことがあるかもしれません。
あるいは、「魔の踏み切り」や、「魔の交差点」と言われる場所など。

逆に、昔からある神社や、いわゆる「パワースポット」と呼ばれるところに行って、何か空気が違って感じられるとか、身体や心がすっきりした、力がみなぎる感じがした、など経験された方もあるかもしれません。

「よい氣」がめぐっていて、人や動物が健康になったり、植物がよく育ったりする土地を「イヤシロチ(弥盛地)」、逆に動植物が病気になったり、ものごとがうまくいかないような土地を「ケカレチ(気枯地)」あるいは「ケガレチ」と呼びます。

昔の人は、もちろん機器を使った測定などをせずに、「氣」を感じて神社などを建立していたのですが、実際に科学的に測定をしてみると、イヤシロチと呼ばれる場所は、地表の電子密度が高く、地磁気も強いのだそうです。
そして、ケカレチ、あるいはそこまで行かなくても普通の土地を「イヤシロチ化」しよう、と言うのが埋炭(まいたん)という方法で、地面に炭を埋めることで電子密度を高く、地磁気を強くするものです。

最初に興味を持った10年ほど前は、インターネットで検索しても数件しか情報が得られませんでしたが、いまやこのような考え方も広がってきたのと、効果が見られているからでしょう、たくさんの情報を得ることができます。

特に問題を感じている場所ではないのですが、より良い状態にしたくて色々調べ、炭を購入して自分たちで埋炭を行うことにしました。

DSC_3994.JPG地磁気を測定してみると、「平均的な値」と言われる250ミリガウスを僅かに上回る300ミリガウス程度でした。

DSC_3981.JPG基礎工事屋さんにあらかじめ1メートル角ほどの穴を掘っておいていただくことができたので、随分楽でした。

DSC_3986.JPG地層が美しく見えます^^。

この穴の中で、伏せ焼き(地面を掘って樹や竹を焼く炭焼きの方法)をやる?なんて話もちらっと出たのですが、現実的ではないとのことで、炭は購入しました。

400リットルの炭の粉。
DSC_4010.JPG私は、どうしても以前の仕事柄、炭を見ると電池性能を調べたくなり、電子顕微鏡で観察したくなります・・・余談ですね。

DSC_4008.JPGこれを、少しずつ穴の中に入れては、

DSC_4028.JPGたっぷりの水を含ませぎゅうぎゅう詰めて行きます。

何度も繰りかえし、想いもこめて丁寧に踏んで行きます。

踏み込み.JPG踏み込み温床も思い出すこの作業、楽しいし気持ちいい。

しっかり入ったら、上から土を戻していきます。

DSC_4042.JPGすっかり身体の使い方が上手になった息子が、私をはるかに超える働きを見せてくれました。

DSC_4070.JPG背中と腰が痛いけれど、きちんと仕上がり、満足の出来です。
(残念ながら数値として現れてくるには数週間かかるそうで、すぐには測定できませんでした。)

今日の三品。

義弟がご馳走を作ってくれるというので、呼ばれました。

DSC_4078.JPGマレーシアのラクサ(甘辛いスープ米麺)、私と息子は辛さ控え目で。

DSC_4085.JPGコロミー(マレーシアの中でも特にクチンの和え中華麺)。

DSC_4079.JPGペルーのカウサ・デ・ポジョ(唐辛子入りのポテトサラダ)。

なかなか食べられない本格的な異国の味、美味しかったです。

.:*~*:._.:*~*:..:*~*:._.:*~*:..:*~*:._.:*~*:..:*~*:._.:

ホメオパシー、ジェモセラピー、フラワーエッセンスによる健康相談や、食事、お手当ての指導を行っております。

詳しくは、Chez MOMO ホリスティック・ヒーリングまで。こちら(→☆)をご覧ください。

「お台所の救急箱」、「ホメオパシー入門」、「家庭のホメオパシー・セルフケア」など、講座のご依頼、お問い合わせは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp へどうぞ。
   
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康