So-net無料ブログ作成
検索選択

自由な学校の教育・・・里山へ [学校]

息子たちの学校では、里山の獣害対策に取り組んでいます。

ブログを更新しました。

http://homeopathy-momo.com/school/20170706/

DSC_0396圧縮.jpg

自由な学校の教育・・・森へ [学校]

テストも成績表もなく、自治と体験に基づいた学びを大切にし、「自由な」教育を行なっている息子の学校は、年中いつでも見学が自由です。

だからもちろん、普段はジャージを着ている先生が急にネクタイを締めて、予定調和的な授業を行う、なんてこともありません。

年に一度くらいは担任(=学校長)と面談を行いたいと思い、今週行くことを計画していたら、息子がいそいそとわたしが取るべき行動を書き出してくれました。

IMG_1044.PNGと言うのも、みんなてんでばらばらな場所に散ってしまうから。

息子曰く、「木曜日もいいんだけれど、もう1泊して水曜日(今日)も見て行ったらいいのに…」
なぜなら、去年から取り組んでいる森の再生のために、山に入って、樹の皮むきをするから。

森の再生に関しては、2010年から通っている「アファンの森」の記事(→☆)で何度も書いているので割愛しますが、屈強な木こりたちに任せることなく子どもや女性でもできる方法として最近着目されているのが皮むき間伐。

樹が混み合いすぎて育つことができなくなっているところの樹を間引くのに、従来のようにそのまま切り倒すのではなく、樹皮を剥いて、時間をかけて立ち枯れさせる方法です。

そうすることで、倒す時には樹の水分が充分に抜けて軽く扱いやすくなるし、材としても均一に天然乾燥されて使いやすくなる、と言うメリットがあるのです。

昨年、息子たちは、一定のルールに従って、育ちの悪い樹をマーキングしてきました。今年いよいよ皮むき。でも、水分の抜けた樹を倒す頃には息子は卒業してしまっているから、下の学年の子たちに譲って行くのです。何世代も先まで考える山の保護の基本を学んでいます。

行きたかったなぁ。

でも、わたしが行く予定の明日も里山の獣害対策や、放置されていたものを譲り受けた茶畑の茶摘みをするそうで、それも楽しみ。

なにより、思春期で、「見にこないで」と言ってもおかしくないような息子が、いそいそとオススメ行程を考えてくれていることが嬉しいのです。本当に満たされているのだなぁ、ありがたいなぁ、と。

というわけで、またレポートします。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、声診断のセッション(→☆)望診法に基づいた食事指導や、日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。

場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

鎌倉由比ガ浜にて「お台所の救急箱」スタートしました!5月29日~(→☆)。

現在開講中の講座は、
「お台所の救急箱」@湘南(→☆)、
「お台所の救急箱」@国分寺(カフェスロー内自然育児友の会→☆)、
「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」@西東京(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
 

「0から食堂」に行ってきました [学校]

途中まで書きかけのブログ記事がたくさん溜まってしまっているのですが・・・それらはすっ飛ばして、今日の投稿。

DSC_0405.jpg山梨にある息子の学校からの帰り、特急あずさの中で書いています。

IMG_0416.JPGテストも成績表もない、体験に基づいた学習を行い、自由な心を育てることに力を入れているこの学校のことについては、何度も書いていますが、今日は「くらしの歴史館」(息子の所属する中学校の縦割りクラスの名前です)の、集大成の1つとも言える「0から食堂」の本番に行ってきました。

実は、学校に行くのは今月もう3回目。
先週も別のクラスである「ゆきほたる荘」によるフードロスの研究発表と映画「0円キッチン」の上映会に行ってきたのです。

先週も、今日も、午前中仕事をしてからギリギリの時間に飛んで行っている状態ですが、息子がこの学校にお世話になるのもあと1年と考えると1つの行事を逃すことも勿体なくて…。

IMG_0417.JPG駅で友人に拾ってもらい到着した学校に入ると、いきなり裏方(笑)。

IMG_0414.JPGなんとこんな素晴らしい開店祝いまで(笑)

IMG_0409.JPG「くらしの歴史館」では、さまざまな活動の中の1つの柱として、1年かけて「0から食堂」に向けて活動してきました。

お米や麦、大豆、果物、野菜を育てたり、温泉や海の水を汲んで来て塩を作ったり、伊豆まで行って寒天のもととなる天草を採ってきたり、草を摘んできて、お茶にしたり・・・。

動物性のものをなんとかしないと、どうしても「0から指数」(出来上がった料理の材料のうち、自分たちで作ったものの占める割合)を上げることが難しいということに気づき、ボリスブラウン(鶏)を飼い始めたり、「こどもけものクラブ」が立ち上がったり(なんとクラスを代表してオトナ=担任が狩猟免許を取得)。

何度もなんども試作をして、お互いに意見を言い合ったり、試作会を行い、実際にお客様を迎え、あえて辛口の意見をいただいたりして迎えた今日は、なんだか子どもたちの顔も誇らしげに見えました。

IMG_0418.JPGメニューの一部。

今日の品目は、「海の幸かおる 0からうどん」、「歴史館みそのおいしいみみ」、「自家製ジャムの三層寒天ゼリー」、「干し柿のパウンドケーキ」、毎度大好評のロールケーキ「すももっ子」、「ドーナツ」、そして各種のお茶、などなど。

IMG_0411.JPG下の方にある黄色〜赤の帯が「0から指数」です。
今回、すべてのメニューで0から指数80以上を達成できたのだそうです。

オーダーを取ってくれたKくんは、もともとクラスの中でもリーダー的存在の3年生ですが、大勢いるお客さんがそれぞれにたくさんのものを注文するのを丁寧に、でもテキパキとさばいていき、今日からどこのレストランに出しても恥ずかしくないレベル。

IMG_0420.JPG注文すると、それぞれのメニューの成り立ち、原料をどうやって育てたのか、何が大変だったのか、自分が何を感じたのかなど、それぞれ担当の子が自分の言葉で説明してくれます。

「小麦って育てるの、けっこう大変なんです」、「大豆って枝豆だって知ってびっくりしちゃいました」、「3羽のボリスブラウンは、来てから毎日1個ずつ卵を産んでくれたから、冷蔵庫の中に卵のストックがいっぱいできたの!」。教科書になんて載っていない、実感のこもった1つ1つの言葉に涙が出そうになります。

IMG_0413.JPG山梨郷土料理の「みみ」は、滋味深い優しい味。

IMG_0422.JPG三色ゼリー=豆乳、寒天、すもも、柚子(だっけか?)、砂糖、卵、ミント。甘みと酸味のバランスが程よく、層もとても綺麗。

レシピ開発から息子が関わったすももクリームのロールケーキも完成度が高かったのですが、写真撮るの忘れました。

どれも100円、150円と言うありえないお値段(笑)で、お腹いっぱいいただいて、お土産も購入して580円也。

これらは、来年以降の活動資金になります。しっかり原価計算をして、ちょこっと儲けを乗せて、次の活動資金を作るのも立派な学びです。

月並みな言い方ですが、お腹も心もいっぱいになった「0から食堂」でした。
この子たち、どんな風に育って行くのかなぁ。10年先、20年先を見たい気持ちです。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南は、 2月2日スタート(→☆

「お台所の救急箱」@自然育児友の会(国分寺・カフェスロー)は、 2月15日スタート(→☆

昔からお母さんたちが家族の健康を守るために培ってきたたくさんの古今東西の知恵をご紹介します。

湘南は、増席しての満員御礼です!
自然育児友の会(国分寺)は、まだ空席ありです♪

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」9期をスタートしました。詳しくは、こちら(→☆)です。

→→振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

2月22日からは、二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースをスタートしました。

→→こちらは、まだ空席ありです!。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。

Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)など。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  

「落ち葉がキラキラ秋祭り 〜オリンピックよりももりあがれ〜」 [学校]

IMG_0039.JPG先週土曜日は、息子の学校の秋祭り、「落ち葉がキラキラ秋祭り 〜オリンピックよりももりあがれ〜」でした。

遠くから通っている寮生も多いため、この日は、一般に言う運動会を中心に、ミニ学習発表会、PTA総会、懇親会が全部同じ日に行われる盛りだくさんな日です。

メインの運動会は、実行委員の子たちを中心に、ユニークな名前のオリジナル競技が並びます。
事前の練習や入場行進もなく、子ども(在校生もそうじゃない子も)も大人(学校の職員も、保護者も)も誰でも好きな競技に出てもいいし、出なくてもいいのです。

運動が大好きで選択授業は可能な限りスポーツ系、土日はずっとラグビーをしている息子ですが、「今年は、競技にも出たいけれど、写真を撮りたい気持ちの方が強い」と、私のカメラを持って行き、ずっと写真を撮っていました。その数なんと1600枚!(笑)
それもまたよし、なのがこの学校のいいところです。
(なので、今日のブログの写真は、ほとんど私がスマホで撮ったものです。)

親である私たちは、競技のお手伝いをしたり、リレーに出たりと堪能しました。

オリジナルドリンクを飲んで、ぶら下がっている食べ物をくわえてゴールするゲームは、一見パン食い競争のようにも見えますが、ここでは「あなたの小腹をマンタンに」。
ドリンクコーナーには大人の限定のビール(1杯限り笑)があったり、ぶら下がっているのが、スナック菓子のみならず、韓国海苔(1番人気)、カニかま(2番人気)、納豆(意外に人気)、バナナなども。

IMG_0030.JPG一見障害物競争のように見える「せんたくほしほし、キャタピラコロコロ」では、洗濯物を干した後に、

IMG_0025.JPG段ボールで作ったキャタピラで大騒ぎになりながらハイハイしたり。

「君のなわ」(笑)。わかりやすく言うと、綱引きです。
IMG_0029.JPGコドモ対オトナで、本気で引き合う姿を富士山が見守っています。
(あ、この写真は、コドモ対オトナではなかった)

IMG_0038.JPGそして、恒例の餅まき。この写真は、息子が秘密基地に登って撮りました。

学習発表会では、息子は、前の晩9時過ぎまでかかって作ったというロールケーキを販売していました。

IMG_0031.JPG80個、ほとんど1人で作ったそうです。

学校で育てたプルーンで使ったジャムを使ったふわっふわのロールケーキ、親の欲目がなくともかなりの完成度の高さで、即完売したのも頷けます。

IMG_0035.JPG半年の活動の様子。どの顔も真剣で楽しそう。本来の子どもの表情なのではないでしょうか?

IMG_0036.JPG

IMG_0037.JPG小学校の「むかしたんけんくらぶ」の手作り看板がとても素敵だった!「た」と「け」が竹でできています。

多くの子にとって生きづらいような世の中になっているようですが、どの子も、ありのままの存在を認められているこの学校に来るたび、とても安心します。このような機会を与えられていることは、とても幸せなことですが、本当は、この学校に通っている子たちだけでなく、すべての子どもたちにとって明るい未来であるように、私たち大人は社会や環境を守って創っていかなくてはいけないのだな、と強く思うのです。

秋晴れのなか、いつもながら本当に充実した1日でした。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

10月31日と11月7日に、望診でイベントに出展します。詳しくはこちら(→☆ http://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/2016-10-13)。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第4回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください(→☆)。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川で、10月6日午後3時より、「お台所の救急箱」全6回コースをスタートすることになりました。
なんと、お仲間内のお声掛けだけで、あっという間にほぼ満席になってしまったようです!ありがたいことです。

あと1~2名であれば、詰めて座ればお受けできますので、この機を逃したくない!という方は、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。