So-net無料ブログ作成

醤油を作ろう♪ ~本格編~  [暮らし]

ずっと前から作りたい、作りたいと思っていたけれど、ハードルの高かったお醤油。
昨年白米と玄米への麹の種付けに成功したので(→☆)、今年は、いよいよチャレンジしてみました。

これまで、あらかじめ作られている醤油麹に塩水を加えて作る簡易的なものは作ったことがありました(→☆)、(→☆)が、簡単ではあるし、失敗なく醤油を作ることはできたけれど、手作り欲を満たしてくれるものではありませんでした。

今回は、小規模ではあるけれど、念願の、大豆、小麦、麹菌、塩から作る本格派にチャレンジです。

DSC_0803.JPGまずは、大豆。
前シーズン、我が家の大豆は不作だったので、色々なところから分けていただいたり購入した自然栽培の在来種。津久井、秘伝豆、さとういらず、あとは品種の定かでないものも豪快にミックスして。
それぞれのお豆に個性があって、可愛いし味わい深いのですが、今回はハーモニーを楽しみます。

DSC_0820.JPG皮がしっかり伸びきるまで、約1昼夜水に漬けた後、ストーブで(もちろんコンロでも)ことことと。
大鍋がないとか、時間がないなどであれば、圧力鍋を使うと時間は大幅に短縮できます。圧力鍋でお豆を煮るときは、入れすぎないように注意して、ちゃんと付属の落し蓋をしてくださいね。
慣れてきたら、味噌づくりの時のように、蒸すとより旨味が凝縮されることと思います(これは、来年以降)。

 ※ここから先、使う道具は、全て熱湯消毒もしくはアルコール消毒をします。

その間に、小麦の準備。力強い醤油を作るには、玄麦を使います(玄麦というのは、白米に対する玄米のように、小麦のふすまを取り除いていないものです)。
醤油づくりには、でんぷん分とたんぱく質が多い品種が向いているとのことで、農産工房金沢大地さんから、ゆきちからの玄麦を購入させていただきました。

DSC_0805.JPGこれを、よく炒ります。
中華鍋を使って、焦がさないようにゆっくりと炒ったのですが、鍋の大きさに対して小麦の量が多かったので、1時間ほどかかってしまいました。2回に分けた方がよかったかな?

ふつっ、ふつっと麦がはぜる音が少しずつして来て、よい香りがして来た頃に、麦は、平べったい形からぷっくりと膨らんできます。念のため華時って見て、美味しくなっていたら、炒り完了。

DSC_0812.JPG写真ではわかりづらいですが、左が炒りあがった後の玄麦です。

これを、3分の1くらいになるように砕くのですが、うちの小さいブレンダーでは、ほとんど砕けない部分と、粉のようになってしまった部分がありました。まあ、いっか。

DSC_0850.JPG小麦が充分に冷めているのを確認して(40℃以上になってしまうと、大切な麹菌(こうじきん)が死んでしまうからね)、麹菌を混ぜます。

「全体の重さの2%〜4%程度」と書いてあったのが、乾燥大豆の状態での重さか、茹でたあとでの重さかがわからなかったので、とりあえず多めの15g混ぜました。
このあと、コウジザさんにお聞きしたら、乾燥大豆で計算してよかったようなので、4〜8gあれば大丈夫みたいです。

米麹を作るときの麹菌と違い、醤油用の種麹(たねこうじ)は、緑色がかっていました。
種麹は、
コウジザさん
https://www.koji-za.jp/

かわしま屋さん
http://kawashima-ya.jp/?mode=grp&gid=1307571

などで購入することができます。

DSC_0851.JPG茹で上がった大豆のお湯をよく切り、40℃になるまでしっかり待って(ここ重要!温度が高すぎると、麹菌が死んでしまいます)、塩切りした玄麦+種麹と合わせます。

DSC_0852.JPG麹を作るための麹蓋(トレイのようなもの)は、持っていないのですが、湿気をほどよく逃して、ある程度の通気を頼むことを考えて、今回は、ボウルに蒸し布を敷いて、ここに合わせたものを入れることにしました。

DSC_0855.JPG

DSC_0863.JPG余った蒸し布をかぶせて、これを、さらにシーツで包んで、お湯の入ったペットボトルを入れて少し温めておいたスチロール箱に入れます。

ぴったり蓋をして、あとは、祈る気持ちで待つこと18時間。

醤油麴を作るための最適温度は、28℃~30℃と、かなりシビアではありますが、一つ一つの作業を丁寧に行えば専用の装置がなくても大丈夫でした。
温度が下がりすぎそうなときは、ペットボトルにお湯を入れて、熱くなりすぎない場所に入れておきます。

仕込んでから18時間後に1度目の手入れをします。
これは、発酵により、温度が上がりすぎてしまうことを防ぐためで、普通の米麹を作るときと同じです。

スチロール箱の蓋を開けると、ほんのり甘いよい香りがしてきます。

DSC_0860.JPG18時間後はこんな感じ。ぴったり30℃、素晴らしい!全体的に固まっているので、軽くほぐしながら、空気を入れます。冷めすぎてしまうといけないので、作業は手早く!

さらに待つこと丸1日。
保温を開始してから、45時間~48時間頃を目安に、しっかりよい香りがして、緑色の胞子が大豆全体にまんべんなく付いていれば成功(のはず)です。

DSC_0919.JPG醤油麹の完成!

ここからちょっと計算。

最終的に醤油を仕込むためには、醤油麹(麦と大豆を合わせたものに、種麹を植え付けたもの)に対して1.1~1.2倍の水と、出来上がり量の18%程度の塩が必要になります。

塩の重さをXgとすると、
0.18 ×(醤油麹の重さ+水の重さ+X)=X
としたいので、

X=0.18 × (醤油麹の重さ+醤油麹の重さ×1.2)÷ 0.82
つまり

X=0.22 × (醤油麹の重さ×2.2)= 醤油麹の重さ×0.484
となります。

わたしの作ったものの場合は、乾燥大豆1000g、玄麦1000gからスタートして、醤油麹の重さが全部で3040gだったので、水の量は、1.2倍として3648ml、塩は、1404gという計算になりました。

DSC_0928.JPG計算で出てきた約1.4㎏の塩を、出来上がった醤油麹に混ぜるます。これは、味噌づくりと同様、「塩切り」と言います。

これらを、夫実家の物置から出てきた推定30~40年もののガラス瓶に入れて、計算で出てきた量の水を足します。

DSC_0947.JPG仕込み完了!

最初は乳酸発酵をさせたいので、あまり空気に触れさせたくありません。だから、本当は、もう少しぴったりサイズの容器に入れるか、一度袋などに入れるかした方がよいようですが、とりあえずは、これで試してみます。

発酵の初期は、乳酸発酵を優勢にしてあげたいので、できる限り酸素に触れさせない方がよいみたい。なので、しばらく様子を見ながら1週間に1回ほどの割合で混ぜてあげる予定です。

うまくいきますように♪

今回参考にしたサイトは、以下です。

「コウジザ 醤油麹の作り方」
https://www.koji-za.jp/recipe/syoyukoji.php

「男の趣肴」
http://www.ajiwai.com/otoko/make/syou_fr.htm

「つくる楽しみ」
http://ws-plan.com/kokurui/syoyu.html

自宅で醤油を作るのは、少し気合が必要ですが、味噌づくりなら簡単です。

手前味噌づくりワークショップ「なるほど納得、理屈でわかる味噌づくり」から派生した、今年の味噌づくりワークショップ第一弾、「季節の手仕事~味噌づくり~」は、板橋区のAtelier ChaChaにて1月19日開催です。
https://www.facebook.com/events/685187658311003/

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「お台所の救急箱」@湘南 2017春夏コースは、2月2日スタートです。
http://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/2017-01-04

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。
→→定員に達しました。振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

自然育児友の会(国分寺のカフェスロー内)でも定期的に「お台所の救急箱」を行なっています。2017年春夏クラスは、2月スタートです。
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」は、現在8期生を迎えて開催中です。これまでの講座をご受講の方で、振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」10回コースを2月6日よりスタートします!

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬至の過ごし方 [暮らし]

今日は、1年で最も太陽の位置が低く、昼が短い冬至ですね。
陰が極まったところから、陽に転じ、新年へと向かっていく季節です。
陰が極まっているということは、代謝が最も下がっている時期でもあります。ちょっと意識して、身体の熱を逃さないように過ごしましょう。
家で丁寧にすごしたり、勉学に励むのに適した季節です。

DSC_0640圧縮.jpg冬の臓器である腎のケアをしたいので、小豆を取り入れましょう。土鍋でゆっくりことこと炊けば、お砂糖など入れずとも、少量のお塩で美味しくいただけます。温性で補気作用のあるかぼちゃも加えることで、身体の熱を逃さず、元気や気力のもととなる「氣」を補うことができますね。

今年の柚子は、ちょっと不作でしたが、それでもありがたく、柚子湯にさせていただくこととします。

2月から
「お台所の救急箱」@自然育児友の会
「お台所の救急箱」@湘南
「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」@二俣川

など、新講座スタートのラッシュです。
近日中にUPしますので、ご興味のある方はチェックしていてくださいね。


15384402_1399745936704397_127182800487817403_o.jpg1月7日は、鎌倉由比ガ浜にある「蕾の家」という素敵な古民家でのイベントに、手作り石けんを持って参加いたします。「La VITA MIA 私たちの文化祭」と名付けられたこのイベントは、「知る人ぞ知る」の珠玉の出展が並ぶようで、わたし自身もとても楽しみにしています。

よかったらお散歩がてら遊びにいらっしゃってくださいね。
https://www.facebook.com/events/1243198252421205/

せっけん.jpg今回は、「アボカド大好き」と「霞の衣」をたっぷりサイズで出品します。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

沢庵(たくあん)を漬けよう♪2016 [暮らし]

DSC_0372.JPG干し柿(→☆)は、無事干しあがり、次々と友人たちの元へと嫁いでいきました。

DSC_0381.JPGもともと小さかった柿がますます可愛くなってしまったので、ちょこっとおめかしをして。

そして、皮もたくさん入手できて、干し大根も届いたので、今年も沢庵(たくあん)漬け♪

私の住んでいるあたりは暖かくて、丸ごと大根をカビさせずに干せる気がしないので、いつも干したものを購入しています。

DSC_0384.JPG5.3kg届きました。太めのものが8本。

IMG_20161210_110144.jpg
<今年のレシピ>
大根 5.3㎏
炒り糠 510g(10%弱)
塩 250g(4.7%)
甜菜糖 1/2カップ=74g(1.4%)
自家製鷹の爪 中5本
昆布 30g
渋柿の皮を干したもの 220g(60個分)

少し砂糖を入れた方が作りやすいから、と聞いていて、前回は、2.8%(5㎏に対して1カップ)の甜菜糖を入れたのですが、今年は、柿の皮が相当甘くなっていたのと、たくさんあったので、思い切って半減の1.4%にしてみました。どんなお味に仕上がるかな?

そして、今年は、手元にクチナシもあったのですが、やはり柿の皮がたくさんあるので、これでどれだけ着色するかな・・・?の気持ちもあり、クチナシも入れませんでした。

久松さんの瓶にすでに梅干しと玄米味噌が入ってしまっているので、新たに野田琺瑯のラウンドストッカー10リットルを導入。これが、サイズ的にはぴったりでした。

DSC_0385.JPG今年の入り糠MIX。

DSC_0392.JPGぎゅうぎゅう。

DSC_0399.JPG炒り糠MIXと層にします(なぜかピンボケ)。

DSC_0397.JPGぎうぎう。

DSC_0398.JPG葉っぱをしきつめ、最後にまた入り糠MIXを乗せて出来上がり。

DSC_0402.JPG1㎏分の塩袋を乗せた後、今年の重し(笑)は、梅干しと味噌。

お隣は、赤鬼のようになってきた柿酢です。

出来上がりは、1月末から。美味しくなりますように♪

一昨年の沢庵づくりはこちら(→☆)や、こちら(→☆)。

その前の記事はこちら(→☆)や、こちら(→☆)です。

1月19日、板橋区のAtelier ChaChaさんと言うお洒落な一軒家サロンで味噌づくりワークショップを行います!
詳細はこちらです→ https://www.facebook.com/events/685187658311003/

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。
→→定員に達しました。振り替え受講などをご希望の方はご相談ください。

自然育児友の会(国分寺のカフェスロー内)でも定期的に「お台所の救急箱」を行なっています。2017年春夏クラスは、2月スタートです。
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」は、現在8期生を迎えて開催中です。これまでの講座をご受講の方で、振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

きのこの山・・・旬のものを保存できる贅沢・・・ [暮らし]

連日のきのこ投稿ですが・・・。

先週は、11月だというのに、暖かいと言われているここ湘南でも雪が降り驚いたのですが、雪が溶けたら、なめこがぐぐっと大きくなっていました!

DSC_0321.JPG感激。

自家製のなめこのお味噌汁は、それだけで御馳走になる旨さです。

そして、先週は、横浜で椎茸ときくらげを作られている永島農園さん(味噌づくりWSに出てくださり、ご縁が繋がりました)から、急にキャンセルが出て行き場を失った椎茸たちがあるとのお知らせがあり、購入させていただいたのできのこの山!

と言うわけで、わたなべあきひこさんに教えていただき、憧れのきのこのプリザーブを作りました。

DSC_0319.JPG去年作った柿酢にスパイス類を入れてことこと。

DSC_0323.JPG1㎏のきのこは、こーんなにたくさん!

でも、しばらく火を通すとびっくりするほど縮みます。

そしてこれまた庭から採ってきたタイム、月桂樹とともにオイル漬け。

DSC_0335.JPGああ、美しい。

採れたてのものも美味しいけれど、時間がさらに美味しくしてくれる。旬のものが保存できるほどにあるという、この贅沢。

じっくり待ちます。

このプリザーブの詳しい作り方は、いつも広い心で惜しみなく知恵を授けてくださるわたなべあきひこさんのブログにあります。
http://d.hatena.ne.jp/musikusanouen/20111025/1319523002


~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

憧れのダーニング・マッシュルームで上がる繕い物 [暮らし]

よく覚えていないけれど、確実に2年以上は探し続けていたダーニング・マッシュルーム。
なかなか出会えなくて、仕方なくアマゾンUKに注文した途端に、友人に連れて行ってもらったMokichi Foods Garden内のokeba gallery&shopにて唐突に出会いました。

IMG_20161118_125323.jpg速攻アマゾンUKをキャンセルしてこの美しいマッシュルームを購入。
靴下の穴など、繕い物をするための道具です。

これまでは、ガラス瓶などを使ってやっていた繕い物。これならば格段に使いやすいし、気持ちも上がる~!

DSC_0296.jpgこんな風に、毛糸を使って布を織るように穴をふさいでいきます。

楽しい♪

と言うわけで、現在の私は、穴のあいたものを虎視眈々と狙っています(笑)。

DSC_0314.jpgあえて目立つ色で繕うのが可愛い。

マッシュルームつながりで、八ヶ岳の植菌仲間に遅れること数か月でしたが、この1週間の間にぐっと冷え込み、

DSC_0294.jpgひらたけ(最高に美味しい!)も

IMG_20161125_111842.jpgなめこも!

週末は、きのこ尽くしかな♪

~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

干し柿・柿酢を作ろう♪ [暮らし]

以前住んでいたところは、町田市の中でも風通しがよく寒い地域だったので干し柿は時々作っていたのですが、湘南ではカビが怖くて作ることができませんでした。

DSC_0219.JPGでも、友人が美味しいあんぽ柿(燻蒸したという意味ではなくて、とろとろの柔らかい状態の干し柿と言う意味で)をプレゼントしてくれたのをきっかけに、やっぱり作りたいなぁという気持ちがふつふつと。

息子の元担任でもある山梨県南アルプス市の小野大正園「おのっち」に相談したところ、「勝平」(かつへい)という小ぶりな品種であれば、大丈夫!とのことで今年もチャレンジすることにしました。

DSC_0269.JPG届いたのは、こんなに美しい柿たち。

早速晴れている日を選んで下ごしらえに入りました。

干し柿と言うと、T字になった軸の部分を荷造り紐などに挟んで連ならせている姿を思い浮かべる方も多いかと思いますが、小野大正園では翌年のことも考え、樹にとって優しい収穫方法をしていますので、軸はT字になっていません。

DSC_0272 - コピー.JPGなので、タコ糸を、輪にして、こんな風に両端結びます。

DSC_0273.JPG

DSC_0280.JPG10秒ほど熱湯消毒の後、軒下の物干しに掛けました。

DSC_0282.JPG正確には、物干しに掛けてしまうと生活に支障が出るので、このように物干しの上にさらに1本竿を渡して。

熱湯消毒の後の水分が少し残っている感じが不安だったので、ウォッカをシュッシュとかけてさらに消毒をしながら水分を飛ばしました。
(私は仕事柄ウォッカがあったのでこれを用いましたが、35度以上の焼酎でOKです)

DSC_0291.JPGそして、もちろん皮も捨てずに大切に乾かします。

DSC_0301.JPG10日後の今日は、こんな感じ。
表面が乾いてしなびた感じになってきたので、今日はそっとモミモミしてあげました。

おのっちによれば、干している途中に揉むことで(通常2回、表面が乾いてきてからと、そこから数日あけて)

① 渋が早く抜け、
② 仕上がりが早くなり、
③ 軟らかい仕上がり

になるそうです。

皮を剝かずに取っておいたものが、少し柔らかくなってきたので、柿酢も仕込みました。
去年の柿酢作りの様子は、こちらや(→☆)、こちら(→☆)です。

DSC_0299.JPG昨年は、自宅の甘柿で作った柿酢ですが、今年は、鳥たちが日々大宴会をして食べてしまったので、柿酢もこの勝平で。酵母スターターとして、一番下の真ん中に1つだけ我が家の完熟甘柿を入れました。

明日は、このあたりも雪の予報が出ています。干し柿も、柿酢も、ぎゅぎゅっと旨味を濃縮させて美味しくなってね~☆

今年の生柿は、もう終わってしまいましたが、小野大正園では、干し柿も作っています。
来年の渋柿(生柿)が欲しい方も、今年の干し柿が欲しい方も、小野大正園さんにFAX(055-282-4655)すれば、購入できます。

小野大正園さんは、初夏から秋にかけて、さくらんぼ、桃、葡萄と山梨名産の美味しい果物の販売や、果物狩りを行っています。

来年こそは!と思った方、今からチェックしておいてね♪
小野大正園さんのウェブサイトは、こちら(→☆)。

我が家は、普通の住宅街のなかにある一軒家です。そして、夫は普通のサラリーマン、私は個人事業主です。都市部のごくごく「普通」の家庭でできる限り自然の理(ことわり)にのっとった暮らしを模索しています。

~*~*~*~*~*~*~*~

1月14日(土)より、西東京市で「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」をスタートすることになりました。詳しくは、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

秋の収穫いろいろ [暮らし]

昨日は、息子のお迎えついでに山梨の友人が通う美術研究所の展覧会に行ってきました。

毎年この時期に展覧会が行われる柳澤美術研究所は、住宅街の中に突然現れた夢のような空間です。

今回、自宅を出発した時が嵐だったのでカメラは持参できず、残念ながら写真はないのですが、生徒さんたちの一つ一つ愛のこもった作品や、先生方の心がほっこり温かくなる作品はもちろんのこと、部屋のディスプレイの一つ一つ、お庭の樹の一本一本に至るまで、本当に素敵な場所で、今年も心から楽しむことができました。

DSC_0219.JPGそして、今回出会ってしまったのは、こちら。

普段使いにしてもお料理が映えそうだし、ちょっとしたおもてなしにもよさそうだし、お正月にも、食べ物じゃないもののディスプレイにも、あらゆることに使えそう!

ちょっとゆがみのある形も、艶やかで深い色の釉薬も、好みのど真ん中でした。

大切に使いたいです。

上にのっている干し柿は、この研究所で作品を作っている友人が作ってくれたもの(彼女の作品の写真は撮れなかったのですが、いずれプロの方が撮った写真が世に出るはずです)。
私は、このさりげなくもセンスあふれる包みに感激し、息子は、その完璧な干し具合に感激しました。

展覧会は、14日まで行われています。お近くの方、お時間のある方ぜひぜひ足を運んでみてください!

DSC_0233.JPGそして、お庭から分けていただいたかりんは、早速はちみつ漬けに。
種を採りながら、これは間違いなくよい化粧水になる!と確信し、化粧水も仕込んでみました。

DSC_0249.JPG嵐の後の今日は、ぴっかぴかのお天気のなか、秋の豊かな収穫。
一緒にディープな植菌をした仲間(詳しくはこちら→☆)が次々挙げる「出ました!」報告を、湘南の私たちは指をくわえて羨ましく聞いていましたが、いよいよこちらにも波がやってきました!うれしい、うれしい、うれしい!

まずは、シンプルに焼いていただこう♪

つばき油も搾ってみたいなぁ。

年明けからの、手前味噌ワークショップのご依頼が立て続けに2件入りました。詳細はまた後日UPします!

そして、なんと、なんと!雪がとけたら(まだ大分先)、上越にて「女性のための【お台所の救急箱】特別セミナー」をやらせていただくことになりそうです!こちらも楽しみすぎます☆

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

情熱の赤ルバーブ [暮らし]

15002320_1306951586042856_5088463355898874172_o.jpg収穫のお手伝いに行くことは叶わなかったのですが、山梨の友人が、大切に育てたルバーブを分けてくれました。

セロリ・・・?じゃないよね・・・。
蕗・・・?じゃないよね・・・。

なんて思っていた頃から何年くらい経ったでしょう?農産物市場などではよく見かけるようになりましたが、いまだに調理をしたことはありませんでした。

今回いただいたのは、ルバーブの中でも富士見町でしか採れない茎全体が赤くなる珍しい品種のものです。

15000660_1306951662709515_1976930664241178739_o.jpg硬い茎なのですが、切ってみると意外に水分が多く、少し火を通すとすぐに煮崩れてきます。

15025114_1306951922709489_2510558810527063888_o.jpg定番のジャム(だけれど、好きなスパイスやら白ワインやらを入れてちょっと大人の味に)と

14939409_1306951999376148_2114734263947235152_o.jpg教えていただいたレシピからアレンジして漬物を作ってみました。

予想以上に強い酸味は、でもとても爽やか。
高地に育った上に、晩秋に収穫されたものだし、こんなにたくさんアントシアニンが含まれているし、きっと穏やかに、でも力強く肝をサポートしてくれるのだろうな、なんてここのところ陰陽五行にどっぷりだった私は思ったのでした。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川でも「お台所の救急箱」全6回コースをスタートしております。ほぼ満席ですが、振り替え受講をご希望の方などは、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

いくらの醤油漬けを作ろう♪ [暮らし]

我が家では、魚卵をいただくことは、きわめて少ないです。

DSC_0659.JPGでも、年に一度のこの短い期間、私たちの住む地域では、新鮮な生筋子がたくさん店頭に並びます。もちろん、湘南エリアで水揚げされたものではないのですが、水産物文化が浸透しているためか、北海道、北陸、九州などのものも含め、魚介類はかなり豊富に入手できるのです。

そこで年に一度の「いくらの醤油漬けを作ろう♪」。

昨年は、息子が作ってくれました。ぬるま湯の中で筋子を作る作業がとても大変だったようで・・・。そこで、今年は、かねてより気になっていた大根を使って作る方法を試しがてら、さらにそこに知恵を加え、とても簡単なChez MOMO流を編み出しました♪

DSC_0591.JPGご存知の方も多いと思いますが、筋子の状態では、いくらは全体が卵膜に包まれており、中のいくらも、細かく薄い膜でつながっています。
これをほぐすのが結構大変で、一般にはぬるま湯~すこし熱めのお湯につけて、丁寧に手でほぐす、という方法が取られます。

生筋子の中の卵(いくら)は、私たちが普段口にする塩漬けや醤油漬けになった状態の時よりも、ずっとずっと柔らかいので、ちょっと力を入れるとすぐにつぶれてしまうのです。

DSC_0668.JPGそこで、時々聞くのが大根を使って卵膜からいくらをはがす方法。

DSC_0671.JPGこうやって、大根の切れ端を使ってそっと(でも少し力を込めて)剝がしていくだけ。
面白いように卵膜からはがれていきます。きっとこれは、大根に含まれる消化酵素ジアスターゼのおかげ。

ところが、これだけだと実はまだいくらたちは、数粒ずつ連なっている状態なので、ここから先が少し大変。

そこで、ここからがChezMOMO流。

いくらを卵膜からはがすのに使った大根の切れ端を今度はおろして、汁を絞るのです。

DSC_0676.JPGこうやってボウルに入れた連いくら(って呼ぶのかわかりませんが)に、大根汁をまぶします。

DSC_0677.JPG手でそーっとまんべんなくかき回した後、ぬるま湯を入れるとこんな感じに白くなります。びっくりしますが、大丈夫。

これを2回くらい繰り返し、あとはひたすらきれいな水で洗います。繰り返し水を入れ替えていると、はがれた皮や筋(粒々をつないでいるもの)が次々と浮いてきます。

DSC_0685.JPGすっかり水がきれいになるまで繰り返し、水を切ったところ。

こんなに白くなっちゃって、失敗したかと思いますが、大丈夫!

これを、お好みの漬け汁につけます。我が家の好みは、醤油:お酒:みりん=2:1:1。

DSC_0659.JPG山芋と一緒にいただきました。醤油漬けにすると、作業時の柔らかさはうそのように、ぷちぶちとした食感になります。

この作業をしていると、なんだか途方もない数の卵を扱っていて、私は少し重い気分にもなってしまいます。
だから、たくさんいただくものではない。多めの漬け汁に漬けて、お正月に家族の健康と幸せを願いながらありがたくいただきたいと思います。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

10月31日と11月7日に、望診でイベントに出展します。詳しくはこちら(→☆ http://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/2016-10-13)。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第4回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください(→☆)。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川で、10月6日午後3時より、「お台所の救急箱」全6回コースをスタートすることになりました。
なんと、お仲間内のお声掛けだけで、あっという間にほぼ満席になってしまったようです!ありがたいことです。

あと1~2名であれば、詰めて座ればお受けできますので、この機を逃したくない!という方は、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

信じること [暮らし]

息子、中学2年生。
学校の方針に従い、受験勉強は全くしていません。
私も、「勉強してる?」に類することは、聞いたことがありません。

地元の同じ中学2年生の親御さんたちと話していると、心配にならないわけではないし、
同じ学校でも、通信教育などをやっている子もかなりいると聞くと時々心が揺らぐこともあります。

14435001_1257623600975655_6403246463744953573_o.jpgでも、今日、洗濯物を干すのに息子の部屋を通ったら、机の上にこんなものが。
なんか急に大丈夫な気がしました。

親ばかかもしれませんが、息子の中にあるものを信じていれば、高校受験とか一つのステップに過ぎないことの結果はどうなったとしても、きっと彼の思う人生を歩んでくれるだろう、
どう変わるかわからない世の中をしなやかに泳いでくれるだろう、
そんな気がして涙が出てきました。

~*~*~*~*~*~*~*~

二俣川で、10月6日午後3時より、「お台所の救急箱」全6回コースをスタートすることになりました。
なんと、お仲間内のお声掛けだけで、あっという間にほぼ満席になってしまったようです!ありがたいことです。

あと1~2名であれば、詰めて座ればお受けできますので、この機を逃したくない!という方は、こちら(→☆
からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。


~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第4回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください(→☆)。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川での「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」、「お台所の救急箱」の企画もちゃくちゃくと進んでいます。決まりましたらこちらにUPしますのでチェックしていてくださいね~。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康