So-net無料ブログ作成

赤から紫の季節へ [暮らし]

赤いベリーたち(いちご、ワイルドストロベリー)の季節は終わり、
DSC_0152.JPG今は紫色のベリーたち(ブルーベリーとブラックベリー)の季節になりました。

しばらく曇り~雨の日が続いて色づくのに時間がかかったので、今回の収穫は、すっぱーい!
梅雨が明けたので、今後に期待です。

そして、夏らしく日々豊作です。

DSC_0174.JPG茄子、トマト、プチトマト、とうもろこし

DSC_0175.JPG空芯菜。

普通の住宅街でもこれくらいできるのは、コンパニオン・プランツを駆使した混植の庭のお蔭だと思います。
豊かでありがたいです。

DSC_0157.JPG梅も干し始めました。

DSC_0167.JPG今年は3kg。貴重な申梅です。
(申年の梅は、健康にもよく、縁起が良いとされています)

DSC_0169.JPG太陽のエネルギーを浴びて、ふっくら柔らかくなってきました。

息子が長期の修学旅行に行ってしまって寂しいけれど、ありがたい大忙しです。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。
9月スタートですが、さっそくお申し込みをいただいていますので、ご興味あるかたは、チェックしてみてくださいね。
詳しくは、こちら(→☆)です。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

イベント出展@蔵まえギャラリー [自然療法・代替療法]

藤沢の「蔵まえギャラリー」という、古民家を改築した素敵なギャラリーで行われたイベントに出展してきました。
(趣のある外観なのですが、写真撮るの忘れてしまいました。)

このイベントは、私が春に学んだ「ヴィーナス塾」の卒業生たちが中心となって行っているもの。
規模こそ小さいものの、出展者も、訪れてくださる方たちも、落ち着いたとても質の高いイベントで、ご一緒させていただくのは、光栄なことでした。

IMG_6404.JPG私は、今回も、「Chez MOMOの望診」で出展させていただきました。

望診とは・・・
現在の体調をお聞きし、お顔の状態や、手、足、眼のよう身体の表面に出ている兆候(ぶつぶつ、変色、カサカサなど・・・)を見て、どの内臓にどのような食材の負担が出ているのかを見極める、いわゆる「未病をみつける」ための東洋医学的な観察です。

今回は、いらっしゃってくださった方を10のタイプに分け、それぞれの方にお勧めの食材をお伝えしました。
おかげさまで、ほぼ休みなしの大盛況でした。

DSC_0156-2.jpgそんな合間をぬって、同期ののりこさんが届けてくれた色紙。

波乱万丈、「小説より奇なり」な人生を乗り越え、大きな器を持つのりこさんは、次のステップとして筆による言葉アート(的確な表現がわからずごめんなさい)を模索中です。
私のイメージと、それから、名前の音から、書いてくださいました。

「私は私の真理を探し人によりそう
真・善・美の種を植え 花を咲かせる
ひとや物事を発展・成長させていく」

お願いしていたわけではなく、突然のプレゼント。
今の私を後押ししてくれる大切な言葉に感動しました。

そして、もう一つ、以前に私自身が少しもやもやしていた時に、ヴォイジャーという素晴らしいカードリーディングで助けて下さり、また、私の妹が大きな岐路に立たされた時に、
光を見せてくださった、SereiaのこれもNorikoさん(偶然同じお名前!)に、今回もヴォイジャー・タロットをやっていただきました。

IMG_6406.JPG全然思い当たることはないのだけれど、潜在的に、何か抑圧していることがある。
私は、今、もう次のステップに行ける準備ができていて、動きたがっている。宇宙にちゃんと守られているから、動くべし!なんだそうです。

うーん。何を抑圧しているんだろう?でも、そこにフォーカスする必要はなくて、動けば自然と殻は破れるんだそうで、わくわくします。

今まで出てきたカードとは全然違って、びっくりしましたが、今回もしっくりきました!

Sereiaのウェブサイトは、こちらです(→☆

ヴィーナス塾、15期生の募集が始まっています。
自分の未来に向けて、自分のテーマや、自分軸を探したい方、進みたい方向は見えているけれど具体的なステップで手こずっている方、自分の人生をもっともっと輝かしたい方、
「大人の女性塾ヴィーナス」お勧めです。
詳しくはこちらです(→☆)。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。
9月スタートですが、さっそくお申し込みをいただいていますので、ご興味あるかたは、チェックしてみてくださいね。
詳しくは、こちら(→☆)です。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

みんなのチカラ [学び]

【業務連絡:味噌を作られた方】

関東地方の梅雨明けが宣言されましたね。
この冬仕込んだ味噌、開けてみたい方は、そろそろ開けても大丈夫です。

上に液体が出ていたら、それは、「たまり」です。いわゆる「たまり醤油」ってものです!
美味しいので捨てないで、ペロッと舐めるか、味噌に混ぜ込んでくださいね。

白いカビが出ていたら、その部分だけそっと削ぎ取れば大丈夫。
もしも、緑や黒のカビだったら、少しざっくりと取ってあげましょう。

本当は、ひと夏越した後のお味噌の方が、滋味が増すので、もう少し待てる方はまたそっと蓋をしてしまっておいてくださいね。
待ちきれない方は、もう食べ始めても大丈夫です!
まだ、ちょっとカドがあるお味かもしれませんが、それでも市販のお味噌よりはずっと美味しいはず!

たーくさん作った方は、天地返し(上下をひっくり返す)するといいですが、4㎏以下くらいであればそれにも及びません。

美味しい味噌ができているといいですね♪

*****

さて、息子の学校の夏休みは、ちょっと遅めに日曜日からスタートしました。
その前日の土曜日は、夏前の最終日であるとともに、これまでの活動を報告する発表会。
どのプロジェクト(メインとなる縦割りのクラス)も、この日に向けて発表を練ったり、展示物を作ったり、美味しい物を作ったり、遅くまで活動(彼らはこれを「残業」と呼びます)をしていたようです。

息子の入っている「くらしの歴史館」では活動を紹介する寸劇をしました。

13690959_10210852812015404_902672267166714106_o.jpgいきなりサラリーマンの恰好をして登場した息子にびっくり!(写真は、お友達からいただきました)
担任のオトナに借りたそうですが、いるよね~、こんな人!という感じで笑ってしまいました。

ある暑い日の昼、3人のビジネスマン(ウーマン)が「お腹がすいたね~」と、「手作り100%食堂」と言うお店に入ってきました。
それぞれ食べたいものを注文すると、奥の方で「チン!」という音が聞こえます。
首をかしげる3人。

お水が出てこないので「お水をください」と言ったところ、「水かぁ、めんどくせぇなぁ」とつぶやく店員さんの声。
これは、おかしい!と3人は出されたものを食べずに(!!)店を出て行ってしまいます。

しばらく歩くと、今度は、「0(ゼロ)から食堂」と書かれた看板が。
ラーメンを注文すると・・・
「麺を作るのは小麦なので、育つのに半年くらいですね。スープの昆布は、海に取りに行きましょう。焼豚のためには豚も育てなくてはいけないし、卵を作るには、まずは鶏を育てましょう・・・」と。
結局は出来上がるのは、半年後なのでまたお越しください~というオチ。

でも、いま「くらしの歴史館」で目指しているのは、そんな0から食堂なのです。

先週水曜日には、デザートを作るために、伊豆まで天草(寒天のもとになる海藻)を採りに行ったのだとか。
こうやって学んで行くのがこの学校のやり方です。

0(ゼロ)から食堂に関しては、こちらにも書いています(→☆http://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/2016-04-28

小学校の「劇団みなみ座」の演劇「どろぼう学校」も見事なものでした。
普通の小学校の学芸会と違って、ストーリーを選ぶところから、台本作り、オーディション、衣装づくり、大道具づくり、すべて子どもたちがやります。
何度も何度も話し合い、どの子も主役で輝いていました。

DSC_1071.JPG中学生の個人研究も素晴らしいです。
読み応えがあり、思わずじっくり読んでしまいました。

そして、小中学校通じての有志が集まった「九州ニコニコプロジェクト」。
全校ミーティングの中で、「熊本・大分地震のために何かしたい」という声が上がったことから発足したプロジェクトです。

みんなで話し合い、春から全員が毎日のおやつの予算を10円ずつ節約したり(少ない予算でやりくりしてくださった学校のオトナに感謝です!)、
フリーマーケット、作った新聞の販売、そして春祭りの売り上げなどから出し合い、集まった金額は、なんと27万円以上!

よく調べ、吟味し、3か所の団体に義援金と支援金を送ったのだそうです。

日々の忙しさにかまけて、あるいは、「そんな余裕ないから」、と寄付をすることには積極的でない人も多い中で、子どもたちの小さい力を集める能動的な活動に勇気づけられます。

DSC_1075.JPGホールの道具入れにこんな貼り紙が!

DSC_1074.JPG息子も入っている修理クラブの半期の仕事。

そのほかにも、たくさんの成果が見られた1日、この学校にお世話になることができて本当によかったと、学校に行くたびに、子どもたちの生き生きとした姿を見るたびに思います。

DSC_1080.JPGクラスのプルーンも完熟。

DSC_1082.JPG葡萄は、これから熟していきます。

学校に関するその他の投稿は、

「米粉の研究」(→☆

「循環する社会の知恵」(→☆

「『待つ』ことの大切さ」 (→☆

「感性が花開き始めるとき」 (→☆

「晴れ、ところにより涙の会」 (→☆

「美味しい納豆のつくり方」 (→☆

「調べる、考える、伝える」 (→☆

「そんなオトナでありたい」 (→☆

です。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。
9月スタートですが、さっそくお申し込みをいただいていますので、ご興味あるかたは、チェックしてみてくださいね。
詳しくは、こちら(→☆)です。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

土用の入りと美味しい桃と [暮らし]

【業務連絡:梅干しを作られた方】

2016年、夏の土用に入りました。
梅雨明けも(関東は)秒読み状態ですね。

お天気を見計らって、梅干しを干す作業に最適です♪

「本物の梅干しを作ろう♪  ~少ない塩でもカビずにできる~」  は、こちら(→☆)です。
干し方も、こちらに詳しくかいてあります。

この後もみ紫蘇を入れるか入れないかは、お好みで。

DSC_5009.JPGもみ紫蘇を入れると、こんな感じに。鮮やかな赤色と、紫蘇の香り。

DSC_5010-ff472.JPG

DSC_4979.JPG入れないと、こんな感じに。

梅本来の味と、ピンクベージュの色。

どちらの梅も以前の写真で、今年は私もまだ干していません。

DSC_1064.JPGそして、今日は、桃の最盛期に突入した山梨に行ってきました。

おのっちの農園、小野大正園で、おつかいもの用と自宅用に桃を分けていただき、果物の中で桃と無花果が一番好きな私としては、テンションも高く、友人ともゆっくりランチ(@おちゃのじかん)をすることができて満たされた日でした。

DSC_1069-2.jpg南アルプス市の小野大正園は、6月から10月ごろまで、さくらんぼ、すもも、桃、葡萄と、美味しい果物がたくさんです。

暑い時期のみずみずしい桃、高貴な果物とされていたのも納得です。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。
9月スタートですが、さっそくお申し込みをいただいていますので、ご興味あるかたは、チェックしてみてくださいね。
詳しくは、こちら(→☆)です。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。

赤羽にて、講座「お台所の救急箱」を行っています。単発受講もOKです。
詳しくはこちら(→☆)。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

はせぼん&たけぼんの絵本トークライブ [暮らし]

今日は、仕事でもないのに、わざわざ東京を縦断し大塚まで行ってきました。
o0678096013687168020.jpgなぜって、それは、はせぼん&たけぼんに会いに行くために。

はせぼんこと長谷川義史さんの絵は、お子さんを育てている方でなくても、一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

350_Ehon_11525.jpg「いいから、いいから」息子が小さいころ、何度となく読みました。(写真は、Amazonよりお借りしました)

そして、たけぼんこと大友剛さんは、ミュージシャン、マジシャンであり、息子の学校の保護者仲間でもある方です(ちょっと自慢)。

hqdefault.jpg「ねこのピート PETE THE CAT」シリーズ(写真は、Amazonよりお借りしました)の翻訳者でもあるたけぼんの「ねこのピート」ショーを学校でしてくださったときは参加したのですが、楽しくて楽しくて、でもちょっぴりほろり。

実は、はせぼん&たけぼんのコンビとしても学校でパフォーマンスをしてくださったのですが、私は、残念ながら行くことができなかったのです。

たけぼんの素晴らしいピアノと鍵盤ハーモニカを伴奏に、はせぼんによる

350_Ehon_110967.jpg「たこやきのたこさぶろう」

軽妙な大阪弁で笑わせながら伝わってくるメッセージは、みんなちがって、みんないい!誰にでも役割があり、必要とされている、ということ。

index.jpg「おへそのあな」

すべての人は、お父さんとお母さんの間に生まれてきた大切な存在。だから、誰のことも痛めてはいけない。

なんと「いいから いいから」は、ホワイトボードに貼られた模造紙に、さらさらーっと絵を描きながらの紙芝居!
なんて豪華、なんて楽しい、なんてすごい(私の表現が稚拙すぎてもどかしい・・・)。

写真を撮りたかったのですが、撮ってよいかわからず・・・心の中で想像してください。

どれもこれも、可愛くて、面白くて、でも心に響くメッセージがあり、涙腺の緩い私は、ずっとぼろぼろ。

そして、与那国島の小学1年生、安里有生(あさとゆうき)くんの書いた詩に、はせぼんが絵をつけた「へいわってすてきだね」

最後は、たけぽんの即興音楽(これがまた、どれもこれも、朗読と絵にぴったり合っていて、心に染み渡るものなのです)に合わせて、はせぼんの即興お絵かき。

お見せしたい!(もし、主催者さんのブログにUPされたら後ほどリンクを張りますね)

実は・・・

普段は1000人入るホールもあっという間にいっぱいになってしまうお二人のショー。
ところが、今日は、もしかしたら親子100組にも満たない人数だったかもしれません。
贅沢ではあるのですが、なぜそんなことが起きてしまったか?
今回後援が「安保関連法に反対するママの会@東京」というグループで、そのグループ名を冠していると児童館、幼稚園、図書館など人の集まるところにチラシを置くことを許してもらえなかったからなのだそうです。

たけぼんは、色々な小学校や幼稚園、サークルなどで公演を行っているのですが、その時に、「平和に関する歌や話はNG」と言われてしまうのだそうです。
これは、昨年6月に始まったこと。なんということ!!!!(それでも、負けずにしゃべるそうですが)
ジョン・レノンのImagineもダメ、永六輔さん(坂本九さん)の「上を向いて歩こう」もダメ、♪うさぎ追いし、かの山~の「ふるさと」もダメ、信じられますか?

いわく、「平和というのは、一定の思想を含んでいるから」だそうで・・・理解できません。
(と言ったら、息子が「平和がダメって言うのだって、一定の思想じゃん!」と。その通り!)
平和って、人が生きていくうえで、当たり前に希求することなのではないのでしょうか?

そんな風に、じわり、じわりと、何かが起きようという気配があるのです。
でも、まだ手遅れではないと信じて、私ができること、一つ一つやっていきます。

どうぞ、どうぞ、みなさん機会があったら、はせぼん(長谷川義史)&たけぼん(大友剛)のショーを観に行ってみてくださいね。
絶対にその価値はあります。

最後に、安里有生くんの「へいわってすてきだね」を転載します。

DSC_1034-2.jpgぜひ、絵本も手に取ってみてくださいね。

「へいわってすてきだね」
へいわってなにかな。
ぼくは、かんがえたよ。
おともだちとなかよし。
かぞくが、げんき。
えがおであそぶ。
ねこがわらう。
おなかがいっぱい。
やぎがのんびりあるいてる。
けんかしてもすぐなかなおり。
ちょうめいそうがたくさんはえ、
よなぐにうまが、ヒヒーンとなく。
みなとには、フェリーがとまっていて、
うみには、かめやかじきがおよいでる。
やさしいこころがにじになる。
へいわっていいね。へいわってうれしいね。
みんなのこころから、
へいわがうまれるんだね。

せんそうは、おそろしい。
「ドドーン、ドカーン」
ばくだんがおちてくるこわいおと。
おなかがすいて、くるしむこども。
かぞくがしんでしまってなくひとたち。

ああ、ぼくは、へいわなときにうまれてよかったよ。
このへいわが、ずっとつづいてほしい。
みんなのえがおが、ずっとつづいてほしい。

へいわなかぞく、
へいわながっこう、
へいわなよなぐにじま、
へいわなおきなわ、
DSC_1035-2.jpgへいわなせかい、
へいわってすてきだね。

これからも、ずっとへいわがつづくように
ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ。

13598842_1174064862664863_1590924353_n.jpg

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

レメディ.jpg「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。
9月スタートですが、さっそくお申し込みをいただいていますので、ご興味あるかたは、チェックしてみてくださいね。
詳しくは、こちら(→☆)です。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。

赤羽にて、講座「お台所の救急箱」を行っています。単発受講もOKです。
詳しくはこちら(→☆)。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

何やら畑で始まった! Farm Canning その2 [暮らし]

すっかりご報告が遅くなってしまっていますが、6月も行ってきました!湘南国際村でのFarm Canning

千恵ちゃんと仲間たちが始めたこの活動、単なる「畑のようちえん」だけではなく、そこにキャニング(瓶に詰めて保存食をつくる)を組み合わせた新たな取り組みです。

私たち家族も、10年ほど前に始まり静岡の森と畑と田んぼでたくさんのかけがえのない仲間と学びを得た経験があるので、恩送り、Pay – it – forwardの精神で、可能な限りこのような活動をサポートしたいと思っています。

今回は、写真撮影の正式スタッフとしての参加だったので、前回は遠慮がちに撮っていた写真も、がんがん撮らせていただきました~☆。

参加の皆さんの了解を得て、たくさんお見せしますね。

DSC_0557.JPG夏に入って、山の中の畑も、ぐんぐんと緑の濃さを増しています。

大分手慣れてきたメンバーは、畑チーム、キャニング(瓶詰め)チーム、そしてアースオーブンの屋根を作る建築チームとに分かれての作業を行いました。

DSC_0571.JPGあれ?水遊びチームも?(笑)

DSC_0574.JPG

DSC_0624.JPGのびのびとして、それはそれは気持ちよさそうでした。

DSC_0564.JPGダンゴ虫会議中。

我が家のような「なんでもアリ」の畑とちがって、ここは、ずっとずっと規模も大きいし、きちんと整備もしているので、「雑草」抜きも必要です。

DSC_0651.JPGだから、畑チームは、収穫の前にヤブカラシと対峙。

DSC_0581.JPG

DSC_0584.JPGレタスも採りたいけど、水鉄砲も手放さない。

DSC_0604.JPGこれは、とうもろこしの、雌花だよ。

DSC_0610.JPGヤングコーンも食べるのだ。

DSC_0643.JPGこんな黄色いトマトもあるよ。

DSC_0644.JPGアーティチョーク

DSC_0647.JPG・・・の花は、巨大なあざみ。美しいです。

DSC_0628.JPGキャニングチーム。じゃがいもをていねいに洗ってくれます。

DSC_0680.JPG寄り合い的に剥くお母さんたち。

DSC_0619.JPGままー!と駆け寄る美しい風景に、思わずシャッター。

DSC_0695.JPGいつもお手伝いしていることがよおくわかる手つき。

DSC_0690.JPG

DSC_0752.JPG意味なく働くことも大切!

DSC_0756.JPG

DSC_0928.JPGこちらは、意味あって働いています。

DSC_0725.JPGなにか?

DSC_0758.JPGなにか??

建築チームは、ほかの場所とはちょっと雰囲気が違ってお父さんたち主導。

DSC_0593.JPGこーんなになってしまっているところの草を刈りとるところから始まります。

DSC_0658.JPG「大草原の小さな家」の「父さん」(古い?)みたいに働くみんな。

DSC_0894.JPG大分できてきました。

DSC_0713.JPG人参

DSC_0616.JPGいろんなズッキーニ。もちろん花も食べます。

DSC_0688.JPGヤングコーン(には、ピントが合ってないけど)

DSC_0632.JPGラウラとコリンキー。

DSC_0781.JPG今月のサラダと

DSC_0774.JPGスープ。

DSC_0789.JPG木陰でのランチタイムは、交流の時間でもあります。

DSC_0839.JPG午後は、山羊のお世話も。

DSC_0838.JPG

DSC_0851.JPGこっちにも来て~!

DSC_0843.JPG

DSC_0862.JPG

DSC_0869.JPG軽トラの荷台は、いつも大人気。

DSC_0881.JPG

DSC_0888.JPG

DSC_0938.JPG今月のキャニングは、almond-zucchiniと

DSC_0950.JPGかつお醤油コリンキー。

みなさん、楽しい時間をありがとうございました♪

「何やら畑で始まった!Farm Canning その1」 4月の活動はこちら(→☆)です。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

レメディ.jpg「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。
9月スタートですが、さっそくお申し込みをいただいていますので、ご興味あるかたは、チェックしてみてくださいね。
詳しくは、こちら(→☆)です。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。

赤羽にて、講座「お台所の救急箱」を行っています。単発受講もOKです。
詳しくはこちら(→☆)。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

米粉の研究 [学び]

体験を通して学ぶことを重視している息子の学校では、「プロジェクト」と呼ばれるクラスでの活動(彼のプロジェクトは、「暮らしの歴史館」)以外にも、それぞれが、好きなテーマで個人研究を行っています。
息子は、年間のテーマを「米粉料理」に決めたらしく、毎月1品ずつ米粉の料理を調べたり作ったり、試行錯誤しています。

DSC_0497.JPG5月は、お煎餅。べたべたで作るのは大変だったけれど、うるち米より、もち米で作る方がぱりぱりして美味しいことを発見。

DSC_0276.JPG6月は、パン。米粉だけのパンは、ふわっと膨らませたり、焼き色を付けるのがとても大変。ネットで調べて、コーンスターチと、タピオカ粉を混ぜることで、ふんわりしっとりのパンが完成。
(意図はわからないのだけれど、半分の量を型に入れたそうで、高さが低いですが、それなりに膨らんでいます)

DSC_1013.JPGそして今月7月は、米粉クッキー。珍しく、一発でさっくさくの美味しいものが焼けて、本人も大満足。

DSC_1015.JPG

本人が「作る」と言った時には、私も手出し口出しをしないどころか、外出してしまうこともあります。
それでも、なんとかかんとか後片付けまで自分でやっています。

感心感心。

それにしても、学校生活、楽しくないわけないよね~、と思うのです。

レメディ.jpg「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。
9月スタートですが、さっそくお申し込みをいただいていますので、ご興味あるかたは、チェックしてみてくださいね。
詳しくは、こちら(→☆)です。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

赤羽にて、講座「お台所の救急箱」を行っています。単発受講もOKです。
詳しくはこちら(→☆)。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」@湘南へのお誘い♪ [ホメオパシー・ISHL]

IMG_6152.JPGただいまのミニミニ・フォレストガーデンの様子。

色々ぼーぼーですが・・・(笑)。毎日1~2品ずつ庭からの恵みが食卓に上がるのは嬉しいです。

DSC_0995.JPG空芯菜。

DSC_1004.JPG茄子ときゅうり。

DSC_1022.JPGラベンダーとカレンデュラの奥には、大豆と里芋。

DSC_1017.JPG唐辛子も、つんつん出てきた!

DSC_1018.JPG空中のバターナッツ。葉っぱも大きいから写真ではわかりづらいけれど、ずいぶん大きくなりました。

DSC_1024.JPGブルーベリーは、これからが旬です。

DSC_1028.JPGブラックベリーも少しずつ色づいてきました。

DSC_1025.JPGそして、今年一番のセミは、自転車で羽化したようです・・・。

さて、ご要望の多かった、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」@湘南、いよいよスケジュールが決まりました!

レメディ.jpgホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。


◆ 講座内容
       ・ホメオパシーとは
       ・レパトリーとマテリア・メディカ
       ・上手なキットの使い方、レメディ選びのコツ
       ・それぞれのレメディの詳細 など

      
詳しくはこちら(→✩

◆ 日時 (出席者の都合により、変わる場合がありますので、最新情報をチェックしてください)

        9月15日スタート。1週おきの木曜日を基本とし、毎回10:00~12:30です。

        第1回 9月15日(木)、第2回 9月29日(木)、 第3回 10月13日(木)、第4回10月27日(木)
        第5回 11月10日(木)、第6回 11月24日(木)、第7回 12月8日(木)      
        第8回 2017年1月12日(木)、第9回 1月26日(木)、第10回 2月9日(木)

◆ 会場 藤沢駅より1kmほどの、Chez MOMO自宅サロンです。

◆ 費用 1回3000円

◆ 定員 10名  最少催行人数 3名

◆ お申し込み、お問い合わせは、こちら(→☆) (足立)


せっかくセルフケアキットを持っているのに、棚の奥にしまいこんでいませんか?

うまく使えないがために、「ホメオパシー?全然効かないじゃん!」なんてことになっていませんか?

正しく、しっかり使いこなすためには、一つ一つのレメディの特徴を学ぶ必要があります。

家族の健康を守るために、楽に生きるために、生活にホメオパシーを取り入れてみませんか?

必要とされている方に届きますように。

<6期生のみなさんのアンケートより>

*****

良かった点は、ホメオパシーについてほとんど何も知らなかった私が、今ではどんどん試せるようになった事。
それだけ毎回分かりやすく丁寧に教えて下さったからだと思います。
うまく選べると、本当にすっと症状が楽になるのが不思議です。

ホメオパシーって何となくあやしいと思っていた私でも深く納得してから使い始めることができました。今ではどんどん試しています。
化学のお仕事をなさっていた先生のお話は、明快で、大変わかりやすいです。

*****

?(ハテナ)だらけなことからスタートをしたわたしですが、回数を重ね、初めての頃と比べるとだんだんと観察することができるようになってきたかな。
それと同時に、ホメオパシーの奥深さ、「すごいなぁ~!」不思議さを感じています。

知識がなくてもたのしく学ぶことができ、もも先生ならでは バランスの良いたのしい講座でした。
私がそうでしたが・・・ずっとしまい込んでいるセルフケアキットがある方はもったいないですよ!こんなにも役立つ日があるだなんて!
今では生活に欠かせない存在になっています。

*****

ホメオパシーの本の中には、不調の原因をその人個人の精神の欠陥のように書いてあるようなものもありますが、MOMO先生の講座を通して、どのレメディも(どの個人も)よい悪いということはないのだということがよくわかりました。
自分や子どもの不調にも、合うレメディをだんだん上手に選べるようになってきたと思います。
独学ではわからないレメディの特徴を深く学びたい方に受講をお勧めします!

*****

今まで何の疑問もなく小児科通いをし、薬を飲んでいましたが、めからうろこでした。
観察やコミュニケーションを通して、広く深くレメディを選ぶことが大切だとわかり、大切な生きるためのヒントに気づかせていただきました。

すごくていねいに、寄り添うように教えて伝えてくださり、本当にありがとうございました。

小児科の回数が減り、少し落ち着いて子どもの体調をみることができるようになっていきている気がします。

*****

先生の、穏やかに、とても大事なことをサラリと話されるお人柄には何度も救われ、こういう大人(いや、自分も大人ですが・・・)になりたいと思いました!

*****

などなど、本当にたくさんの嬉しいお言葉をいただいています。

アンケートの結果やご感想は、こちらや(→✩)、こちらにも(→☆)。

必要とされている方と繋がることができたら、とても嬉しいです。

私の、ホメオパシー・セルフケアに関する思いは、こちらに書いています「『じゃんじゃん入れる』のではありません」(→☆

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

赤羽にて、講座「お台所の救急箱」を行っています。単発受講もOKです。
詳しくはこちら(→☆)。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

循環する社会の知恵 [学び]

DSC_1003.JPG以前にカタログギフトでいただいた体重計が壊れてしまいました・・・ので、「修理クラブ」に出そうと思います。

息子の学校では、「プロジェクト」という、メインとなる体験重視型のクラス以外に、中学生になると授業のクラス(各自の習熟度に合わせてプリントなどで個別学習をしていく)と、もう一種類、「チョイス」と呼ばれる選択授業があります。

その中の一つ、「修理クラブ」は、分解したり直したりするのが大好きな子たちが活動するクラスです。

家庭で壊れたものを、この修理クラブに出すと、まず 「直らない可能性もありますが、直ったら返してほしいですか?」と聞かれます。
YESであれば、直った時には、100円払って「ありがとう」と返していただきます。
NOの場合・・・なんと、直ったものを子どもたちはネットオークションに出すのです!

最初それを聞いたときは、中学生が学校でネットオークション!?と、ちょっと驚きました。
オークションでは、「けっこう高く売れる」らしいのですが、実はそれも、クラスの大切な活動資金になるのです。
売り上げで、例えば特殊な形の工具を買ったり、必要な消耗品を買ったりすることで、また次はより高度な修理もできるようになります。

「まずは子どもをしあわせにしよう。すべてはそのあとに続く。」というA.S.ニイルの言葉を掲げ自由な教育を行っている息子の学校では、一見子どもたちが外界から守られ、何の心配もなく伸び伸びと学んでいるかのように見えます。
もちろん、子どもたちは、オトナたちに見守られ、伸び伸びと学んでいるのですが、意外なことに(だけれど考えてみれば当たり前のこととして)「お金」のことに関しては、小さい頃からちょっとシビアに学んでます。

既定の枠のない学びを得るには、それなりのお金が必要です。
何かを試作したり、実験するための道具や材料。
自分たちのテーマにそったことを教えてくれる人生の達人に会いに行ったり、博物館や、製造工場を見学したり話を聞きに行ったりするクラス旅行。
資金を稼ぐために、作物を育てて美味しいものに加工したり、廃材からキーホルダーなどを作ったり、学校生活や研究成果をまとめて冊子として売ったりするのです。
(30円とか、100円とか、例えば活動報告の冊子など高い物でも300円とか、可愛いお値段ですが・・・)

自分の持てる技術を駆使して、ものを直していくこと、知恵を絞って、喜ばれることをして、お金をいただくこと、それをまた次の活動の資金にすること。

子どもたちは、たくさんの学びを得ながら循環する社会を作るための知恵を身につけていっているように思います。

食べるものにまつわる有機的な循環も大切。だけれど、案外忘れがちなこんな循環も同じように大切だと気づかされました。

息子の学校に関するその他の投稿は、

「『待つ』ことの大切さ」 (→☆

「感性が花開き始めるとき」 (→☆

「晴れ、ところにより涙の会」 (→☆

「美味しい納豆のつくり方」 (→☆

「調べる、考える、伝える」 (→☆

「そんなオトナでありたい」 (→☆

です。

*****

釜定2.jpgこちらは、14年大切に大切に使ってきた釜定さんの鉄瓶とフライパン。

毎日のように使っていくうちに、美しく育ってきたのですが、一方で塗料が剥げてしまたり、錆がでてきてしまった部分も。

修理クラブではちょっと無理なので、釜定さんでメンテナンスをお願いしました。

一度手に入れたものは、直しながらきちんと長く使っていく・・・当たり前のことなのに、ないがしろにされ勝ちになっている気がします。

もう、消費ばかりしたり、いらなくなったらすぐに捨てる時代ではありません。
持続可能で、平和な社会のために、少しずつでも実践して発信していかなくては、と思っています。

IMG_6226.JPG

~*~*~*~*~*~*~*~

赤羽にて、講座「お台所の救急箱」を行っています。単発受講もOKです。
詳しくはこちら(→☆)。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   

ささやかな喜び [暮らし]

今年は、なかなかよい赤紫蘇が手に入らない~と思っていたら、身近なところで相原農園さんに分けていただくことができました!

DSC_0975.JPG立派な赤紫蘇が、こんな可愛く束ねられていて、なんだか嬉しい。

ようやく、もみ紫蘇を作ることができて、一安心。

梅干しに入れるもみ紫蘇の作り方は、こちらです(→☆)が、

(1)梅干しの約10分の1の重さの赤紫蘇を用意する。

(2)よく洗い、水を切る。

(3)赤紫蘇の重さの10分の1の重さの塩を用意し、その3分の1を赤紫蘇にまぶしてよく揉む。

(4)絞る。

(5)これをさらに2回、しぼり汁が黒っぽくなくなるまで繰り返す。

(6)梅酢を加える。

と言うのが基本的な作り方です。しつこいですが、詳しくはこちらに書いてあります(→☆)。

DSC_0968.JPG2キロのらっきょう、今年は小粒さんで大変だったけれど

DSC_0969.JPG頑張って夜なべして綺麗にしました。

DSC_0973.JPGこれから2週間乳酸発酵させると、コリコリといつまでも歯ごたえの楽しめ、うま味の強いらっきょう漬けができます。

DSC_0989.JPGきゅうりが毎日1本ずつ、茄子は、2日に1本ずつくらい採れています(ちょうちょを探せ!)。

DSC_0233.JPGブルーベリーも1日1粒ずつ(笑)。

DSC_0977.JPGグリーンカーテンは、こんな感じ。

DSC_0980.JPGかぼちゃや、バターナッツが育ってきています。可愛い♪

DSC_0993.JPGズッキーニも豊作っぽいし、

DSC_0988.JPGトマトも。トマト、カラスと競争になっちゃうかな?

DSC_0986.JPGとうもろこしも、もしゃもしゃ頭をのぞかせはじめました(手前は茄子)。

DSC_0984.JPGコンパニオンプランツなど混植すると、こんなふうにツルがとうもろこしに巻き付いていく姿も好きです。

そうそう、しばらく前に、ヒラタケと、なめこは、本伏せしました。写真を撮ったつもりなのが、ないですが・・・。

うまく出てくるといいなぁ。春に行った、きのこ植菌の会については、こちら(→☆)です。

ミニミニ・フォレストガーデンが、少しずつ軌道に乗ってきて、ささやかながらも毎日何かしら食卓にのぼるようになってきたのがとても嬉しいです。

~*~*~*~*~*~*~*~

赤羽にて、講座「お台所の救急箱」を行っています。単発受講もOKです。
詳しくはこちら(→☆)。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座がスタートしました。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第3回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。