So-net無料ブログ作成

柚子!柚子!柚子!2016 [暮らし]

すっかり時期遅れの投稿になってしまいました。

DSC_0780.JPG今年は、柚子の当たり年だったのか、なにもお世話をしていないのに、大豊作でした。

シーズン中、何度も収穫したのに、最後にまたこの量、14キロも採れました。
自然農とか、自然栽培とか言うのもおこがましいほどの「ほったらかし栽培」。

親戚や、ご近所さんや、お友達に分けてもまだまだたくさん。
ありがたいです。

今年の柚子仕事は・・・

<ぽん酢>

毎年この時期に1年分まとめて作ってしまいます。
ご多聞に漏れず、ぽん酢も手作りするようになると、市販のものが食べられなくなります。

試行錯誤の末、我が家好みのゴールデン比率は、醤油:柚子:みりん=100:100:30
柚子果汁たっぷりです。

ここにだし昆布も入れて、お好みで椎茸でもホタテ貝柱なんか入れても美味しいです。

出来たてのフレッシュな時もいいですが、じっくり置いて熟成させるとまろやかさが増してますます美味しくなります。

<柚子味噌>

DSC_0986.JPG自家製の味噌をすり鉢であたり、ここに柚子果汁と、お好みでみりんを加え(比率は適当)、弱火で練ります。

DSC_1001.JPGつやっつやの香り高い柚子味噌の出来上がり~。

<ゆず茶>

柚子の香りをまるごと味わいたい場合には、火を入れないゆず茶がお勧め。
あまり日持ちがしないのでたくさんは作りませんが、この時期だけのお楽しみ。

DSC_1032.JPG柚子の皮、果汁、薄皮を分け、皮と薄皮は細かく刻みます。

DSC_1045.JPG同量の氷砂糖(私は、てんさい糖の氷砂糖が好きです)と、これらを交互に重ねます。

徐々に氷砂糖が溶けて、とろみが出てきて、渾然一体となった頃が飲みごろ。

DSC_0195.JPG瓶の中に美しい世界が。

お湯を注ぐとなんとも幸せな香りが立ちます。

<柚子マーマレード>

ジャムは時々作るのですが、マーマレードは、作るのに対する苦手意識がありました。

でも、たくさん採れたので、そんなことは言っていられない!
やっぱり一番大量に加工できて、保存もきくから。

果汁を絞り、白いワタを気持ち削り取り、皮を細かく刻みます。
3回ほどゆでこぼす、というレシピが多いけれど、なんだかもったいないので、中途半端に1回茹でこぼし、あとは水を変えながら5時間ほどさらしました。

DSC_0187.JPG果汁と合わせ、今回は、60%のてんさい糖でぐつぐつ。

とろみを出すために、種も一緒にいれます(お茶パックに入っているのが種です)。

DSC_0190.JPGなかなかいい感じにできました!(夜に撮った写真なので色がイマイチですが・・・)

果汁が多めで作ったソースは、甘さ控えめなので、調味料としても使えそうです。

<化粧水>

そして、毎年必ず作るのが冬用の化粧水。

DSC_0826.JPG柚子の種を洗って、こんなふうに干して乾かし・・・

焼酎か日本酒に漬け込みます(香りなどのお好みで・・・だけれど、日本酒ONLYだとアルコール度数が低めなので、冷蔵保存など気をつける必要があるかもしれません。私は、35度の焼酎を使うことが多いです)。
あ、もちろん、ホワイトリカーなんかでもOK。

瓶の中に種を入れて、ざっくり3倍~4倍程度のお酒を注ぎ、種の中のペクチンがじわりじわりと出てきてとろっとしてくるまで待ちます。
このペクチンのとろみが、天然の保湿成分となってくれるのです。

アルコールに弱い方は、煮切ってから使うのもOK。
その場合は、日持ちがしなくなるので、お気を付けくださいね。

これではどーーーーうしても保湿が足りないという方は、グリセリンをちょこっと足すとよいです。
何回か継ぎ足して使えるので、かなりお得な感じです。

DSC_0620.JPGこちら、去年の柚子の種を焼酎漬けにしたもの。
何回か継ぎ足しても、こんなにとろーり。

柚子は、本当に捨てるところがないから、こんなに色々楽しめます。
もちろん、そのまま使うお料理だってたくさん!

目指している、ミニミニ・フォレストガーデンの主役級の大切な樹です。

~*~*~*~*~*~*~*~

目白押しだった講座が、ちょっと落ち着いて来ました。ですので、新規のご依頼をお受け出来るようになりました!
「お台所の救急箱」(全6回)、「ホメオパシー入門講座」(単発)、「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」(全10回)、人数が集まれば、どこへでも(?)出張いたします♪

大好評の「お台所の救急箱」@自然育児友の会。

春夏コースが、3月にスタートします!
毎回、畳のお部屋で赤ちゃんたくさんの楽しい講座です。詳しくはこちら
http://shizen-ikuji.org/class/class_news/entry-7300.html

<< そのほかの講座 >>

「お台所の救急箱」@湘南2015秋冬コースは、意識の高いメンバーが揃い、楽しく開催中です。

「お台所の救急箱」@湘南2016春夏コース(→✩)は、満席となりました。ただいまキャンセル待ちです。

ホメオパシー・セルフケア講座 赤羽クラスも残り1回となりました。

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション(健康相談)、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「じゃんじゃん入れる」のではありません [ホメオパシー・ISHL]

レメディ.jpg第2子を妊娠中(残念ながらその子は天国に行ってしまいましたが)、とある助産師さんを訪ねました。

ホメオパシーを使っておられると聞いての訪問だったのですが、「上の子がとても甘えん坊だから、赤ちゃんがえりが心配」と言った私にその助産師さんからのご助言。

「そういう子にはPulsatilla (ホメオパシーのレメディの一つで、甘えん坊さんによく使われます・・・が、甘えん坊さんのOnly oneレメディではありません) をじゃんじゃん入れなさい。」

ショッキングでした。

私のたった一言でレメディを決めちゃう!?

じゃんじゃん!?

入れなさい!?!?

考えても考えても、違和感のある言葉ばかりの羅列でした。
その時から、私は、日本では主流とされているホメオパシーの手法とは違う道を行くことを決意しました。

私が、クライアントさんを拝見するときは、ホメオパシーを使うことが多いですが(その方によって色々な手法を使い分けますが)、本来お手当て、「お台所の救急箱」が大好きです。

そんな私が、なぜホメオパシーのセルフケアを教えるのか?
それは、「じゃんじゃん入れる」のではない、お手当ての延長としてのホメオパシーを知ってほしいから。

お手当て(台所にあるような食材で、病気の症状を緩和させてあげる知恵)だけでは、どうにもこうにもうまく行かない時もあります。

食材が手元にないかもしれません。

お母さんが疲れ果てていて、もうお手当てをする気力が残っていないこともしばしば。

そんな時の救世主になってくれるような、ホメオパシーの使い方を知ってほしいから、求められる限り、私は講座を開きます。

10回のコースを学ぶと、その仲間で温かい交流が生まれることも多いです。

とあるグループでの報告。

「11ヶ月の息子ですが突発性発疹でした。今回はかなりレメディに助けてもらったので経過をシェアさせてください。

・木曜 夕方から発熱 夜中に40度になりアコナイトを飲ませる

・金曜 朝にはまだ微熱がありベラドンナを与える。夜中にまた40度。プルスティラを飲ませる。

・土曜 朝には熱が下がったもののまた夕方熱が上がる

・日曜 朝の時点で38度(→この時点でChezMOMOにメール相談。その時の状態をお聞きし、アドバイスをしました)。ベラドンナを飲ませるとみるみる元気になってそのまま熱が下がる

・月曜(本日)朝お腹がパンパンに張り号泣。便秘になっていることに気づき、ブリオニアを与えてお腹をさすると食事を欲しがり30分ほどで快便。回復傾向だったがお昼からぐずり始め発疹が出る。

一重の目が二重になりウルウルしていた、手足は冷たい、部屋を暖かくしているので快適そう、冷えピタを嫌がる、幻覚を見る、夜中に半身起き上がり物に寄っかかって泣くなど、テキストの内容と合致する点が多く驚きました。また、ブリオニアも即効性がありました。

心配性なもので病院にかけこまずに経過を見るのが辛かった〜(^_^;)」

素晴らしいと思いませんか?

お母さんの真剣な姿勢と観察の賜物です。
ホメオパシーのレメディは、病名で選ぶものでも、「じゃんじゃん入れる」ものでもないのです。

こうやって、レメディを選ぶ人が、苦しんでいる人と真剣に向き合い観察するのは、お手当てと同じ。

ちゃんと伝わっている。嬉しくなったご報告でした。

写真は、寮生活を始める息子のために作った、彼専用のキットです。
本当に体調が悪くて困ったときには、うまく使っているようです。

詳しくは、こちら(→✩)。

「お台所の救急箱」
「ホメオパシー入門講座」
「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」

どれも、ご希望があれば、馳せ参じて出張講座を行っております。

もちろん、私の講座じゃなくてもいいのです!
でも、もしも興味を持ったなら、是非とも「じゃんじゃん入れる」のではないホメオパシーに出会ってくださいね。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

大好評の「お台所の救急箱」@自然育児友の会。

春夏コースが、3月にスタートします!
毎回、畳のお部屋で赤ちゃんたくさんの楽しい講座です。詳しくはこちら
http://shizen-ikuji.org/class/class_news/entry-7300.html

<< そのほかの講座 >>

「お台所の救急箱」@湘南2015秋冬コースは、意識の高いメンバーが揃い、楽しく開催中です。

「お台所の救急箱」@湘南2016春夏コース(→✩)は、満席となりました。ただいまキャンセル待ちです。

赤羽でのホメオパシー・セルフケア講座、後半の日程は、こちらです。
2月19日(第8回)、2月26日(第9回)、3月11日(第10回)
補講:2月15日(第3回)

コンサルテーション(健康相談)、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドイツからきた待望のアイツ [暮らし]

Silit のシラルガン圧力鍋が欲しいとの思いを温めること5年。

でも、当時も今も、どうしても自宅の台所に合う色がなくて踏み切れずにいました。

ひょんなことから、ドイツ本国ではグレーのかっこいいタイプが売られていることを知り、ドイツ語なんて一言もわからないのに、大胆にもドイツから購入してしまいました。
我ながらびっくり。

Google先生すごい、ドイツ・アマゾンありがとう!

DSC_0982.JPG値段は日本で買う3分の1ほど。
2.5リットルサイズなので、サイズもコンパクトで形そのものがため息の出る美しさ。

同じ素材のミルクポットは、ミルクポットという名前だけれど、牛乳を温めるのにはほとんど使ったことがなく、スポーツ用の麦茶を沸かすのはもちろん、煮物、白米の炊飯など、2日に1回は使うペースで長く重宝しています。

シラルガン素材は、重いけれど、火のあたりが柔らかく、素材の旨みを引き出しながら、火を入れていくお料理に向いているのです。

というわけで、今晩のおかずは、お鍋を中心に組み立てました(笑)。

DSC_0990.JPG胡麻豆腐(嵐で練習のなくなった中1男子が練りたいとがんばりました)は、じっくりと火を入れたいので。

DSC_0994.JPGかおるさんのところで見かけて美味しそうだったので、スジこん(牛スジ肉とこんにゃくの炒め煮)は、圧力鍋として。

DSC_1001.JPG土鍋で炊いたヤツガシラの柚子味噌も、火のあたりの柔らかさを活かして。

さっそくの大活躍。

柚子味噌の作り方は、また明日。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導によるや、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

大好評の「お台所の救急箱」@自然育児友の会。

春夏コースが、3月にスタートします!
毎回、畳のお部屋で赤ちゃんたくさんの楽しい講座です。詳しくはこちら
http://shizen-ikuji.org/class/class_news/entry-7300.html

<< そのほかの講座 >>

「お台所の救急箱」@湘南2015秋冬コースは、意識の高いメンバーが揃い、楽しく開催中です。

「お台所の救急箱」@湘南2016春夏コース(→✩)は、満席となりました。ただいまキャンセル待ちです。

赤羽でのホメオパシー・セルフケア講座、後半の日程は、こちらです。
2月19日(第8回)、2月26日(第9回)、3月11日(第10回)
補講:2月15日(第3回)

コンサルテーション(健康相談)、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

今年の味噌も最高級 [暮らし]

DSC_0947.JPG味噌を作り始めてから今年で14年目。毎年3~4種類ほどの味噌を合計10~16キロ作り、最近はそれぞれの素材に合ったオリジナルの味に落ち着いてきました。

ワークショップと称して、色々な方と一緒につくった味噌を入れると、一体どれくらいの味噌をつくったのでしょう?
もちろん、昔のお母さんたちに較べれば、まだまだひよっこではありますが、イベントではなく、自分の生活の一部になっていることは確かです。

今は、時々売っているのも見かけますし、作っている方もいらっしゃるひよこ豆味噌ですが、私が最初につくった頃は、そのようなものは、影も形も見つけることができませんでした。
だから、ひよこ豆味噌は、自称「私の発明」(いや、ごめんなさい。きっと私が見つけられなかっただけで、作っていらっしゃる方はほかにもあったと思いますが)。

フルーティな甘みのあるひよこ豆味噌は、シチュウやクリームソース、ポタージュ、ラタトゥイユなどの洋風なお料理の味付けに豊かな風味を加えてくれたり、胡麻豆腐や胡桃豆腐、和えものなどの和食にもふんわりとしたアクセントを与えてくれます。
もちろん、そのままディップなどとして使ったり、ふろふき大根や、里芋、田楽の軽やかなお味噌として使うこともできますし、お味噌汁や、味噌炒めなどにもすこし白味噌に近い品のある味噌として使えます。

DSC_0874.JPG今年のひよこ豆味噌は、自作の米麹(→✩)で仕込みました。

物心ついた時から何度も何度も味噌作りを手伝ってくれている息子も、「塩○g入れて、塩切りしてくれる?」というと、それだけで「ほいほーい」と的確に動き、

DSC_0899.JPG豆を潰してまとめる時も、一粒たりとも無駄にしないように優秀な助手として動いてくれます。

DSC_0883.JPG中1男子、サイズ27センチの足で踏み踏み。

DSC_0900.JPG思い入れのこもった、一級品の手前味噌に仕上がってくれると信じています。
ええ、ええ、いいんです!なんてったって手前味噌ですから、好きなだけ自慢して(笑)。

DSC_0879.JPG前のうちから持ってきたアオキは、まだまだ小さいので、竹の皮で蓋をして。

DSC_0902.JPG

昨年仕込んだ味噌もようやくあけました。

DSC_0849.JPGかびゼロ。

DSC_0937.JPG上から時計回りに、玄米味噌(2年もの)、黒豆麦味噌、麦味噌、麦味噌(2年もの)、ひよこ豆味噌(2年物)、ひよこ豆味噌、そして玄米味噌の3年物です。
玄米味噌も、3年物ともなると、まろやかな奥深い味となり、食養的にもずいぶん陽性になったと思います。

それぞれ異なった味わいで、色々なお料理に使い分けるのが楽しくて仕方ありません。


<<2016年の味噌の記録>>

ひよこ豆味噌 (麹は、ななつぼし白米から自作)
麹歩合12 塩分 10.0%

麦味噌 (秘伝豆 )
麹歩合14 塩分11.5%

麦味噌 (さとういらず)
麹歩合14 塩分11.5%

玄米味噌 (麹は、ひとめぼれ玄米から自作、大豆は津久井在来)
麹歩合13 塩分11.5% 熟成2年以上

DSC_0916.JPG今年の大豆は、中川吉右衛門さんの自然栽培のもの(→✩)を使わせていただきました。
秘伝豆は、香ばしくてしっかりと深みのある味、さとういらずは、その名のとおり、ぎゅっと濃縮した甘味があります。

DSC_0923.JPG大豆の旨みを少しも逃したくないので、我が家流は大豆を蒸して使います。

もともと美味しい種類の固定種の大豆ですが、吉右衛門さんのものは、その中でも最高級のお味。

これは、間違いなく美味しい味噌に仕上がる!

というわけで、明日は、美ベジキッチン(→✩)で、手前味噌のワークショップをしてきます♪

手前味噌づくり、コツのコツ!は、こちらです→✩

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導によるや、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田(玉川学園)ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

大好評の「お台所の救急箱」@自然育児友の会。

春夏コースが、3月にスタートします!
毎回、畳のお部屋で赤ちゃんたくさんの楽しい講座です。詳しくはこちら
http://shizen-ikuji.org/class/class_news/entry-7300.html

<< そのほかの講座 >>

「お台所の救急箱」@湘南2015秋冬コースは、意識の高いメンバーが揃い、楽しく開催中です。

「お台所の救急箱」@湘南2016春夏コース(→✩)は、満席となりました。ただいまキャンセル待ちです。

赤羽でのホメオパシー・セルフケア講座、後半の日程は、こちらです。
2月19日(第8回)、2月26日(第9回)、3月11日(第10回)
補講:2月15日(第3回)

コンサルテーション(健康相談)、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
  
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬には蓮根、れんこん餅♪ [暮らし]

わけあって、今年は実家の分も含め、税務関係の仕事がてんこ盛りです。

サラリーマン時代は、全部任せておけばよかった財務や税務ですが、独立すると全部自分でやらざるを得ません。
慣れない仕事は効率も悪く、どきどきしながら、なんとかやっています。

2月に入ってから、お陰さまで講座やコンサルテーションのご依頼もたくさんあったり、夫も出張だったりで、食事も手を抜き勝ちに・・・。

DSC_0959.JPGいかんいかんと、税務関係がひと段落した今日は、久しぶりにれんこん餅を作りました。

香港で食べた大根餅に感動したけれど、なかなか日本で同じ味に出会えず、ならば自分で・・・と試行錯誤しながらたどり着いたマイレシピ。
大根を蓮根に変えても美味しく作れます。

蓮根は、冬の本当にありがたいお助け食材。
咳や喉のいがいががあるとき、気管支、肺などの呼吸器の問題にとてもお勧めです。
もちろん、冬はどんどん食事に取り入れることで、免疫力を高め、風邪をシャットアウトしてくれますよ。

私は、半分はおろして、半分は粗みじんに切って、葛粉と白玉粉(でも何でも、なにかお米系の粉)と混ぜて作ります。
そうすると、もっちりとしゃきしゃきが混ざり合って食感も楽しめます。

分量は、ざっくり、蓮根(または大根):葛粉:白玉粉が5:1:1。

あとは、きくらげ入れたり、ホタテ貝柱か干し海老を入れたり。

完全ベジタリアンであれば、貝柱や海老は入れなくてもOK。その代わりに、水をだし汁にかえると旨みが増します。

逆に、もっとがっつりにしたい場合は、ちょこっとひき肉を入れても美味しいです。
くれぐれも、ひき肉は、隠し味程度に。

ひとつまみの塩を入れて、戻し汁(か、だし汁)で適当な硬さまでのばして、よーく混ぜ、油を塗った型に入れ、蒸し器で蒸します。
蒸しあがったら、型から出して、ごま油でこんがりと焼きます。

DSC_0957.JPG出来上がり!

葱を軽く炒めて、醤油とお酢をじゃっと入れたタレをかけていただきました。

DSC_0962.JPG今日のメニューは、れんこん餅、ぶり大根、あとは、こないだ京ちゃんに教わった福豆ご飯(節分のお豆を使ったご飯)。
おつゆは、作る余裕がありませんでいした。

旬のものを旬にいただく。これだけでぐんと健康になれますよ。それが一番美味しいし♪

~*~*~*~*~*~*~*~

大好評の「お台所の救急箱」@自然育児友の会。

春夏コースが、3月にスタートします!
毎回、畳のお部屋で赤ちゃんたくさんの楽しい講座です。詳しくはこちら
http://shizen-ikuji.org/class/class_news/entry-7300.html

<< そのほかの講座 >>

2月9日 味噌作りワークショップ@美ベジキッチン(→すでに定員となりました)

「お台所の救急箱」@湘南2015秋冬コースは、意識の高いメンバーが揃い、楽しく開催中です。

「お台所の救急箱」@湘南2016春夏コース(→✩)は、満席となりました。ただいまキャンセル待ちです。

赤羽でのホメオパシー・セルフケア講座、後半の日程は、こちらです。
2月8日(第7回)、2月19日(第8回)、2月26日(第9回)、3月11日(第10回)
補講:2月15日(第3回)

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導によるや、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田(玉川学園)ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション(健康相談)、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

続々と醸し中♪ [暮らし]

佐藤初女さんの訃報が届きました。
この方のような人になりたいと、ずっと尊敬している方です。

初女さんの珠玉の言葉の数々は、こちらに記しました(→✩
ご冥福をお祈りいたします。

*****

さて、仕事から帰ってきて、夫も今日は出張中なので矢も盾もたまらずちょいとお隣鎌倉のお米屋さんへ。

DSC_0922.JPGぴぴっと直感通りに動いたら、お店の佇まいも、プロとしての姿勢もとても素敵なお米屋さんで、定期購入のお米が足りなくなったら、また伺おうと思いました。
笹屋さん、です。

DSC_0918.JPGで、こんなことや、

DSC_0917.JPGこんなことや

DSC_0921.JPGこんなこと・・・。

止まらない。

お米屋さんに、「偉いですね~!」とか言われたけれど、いえいえ楽しくて楽しくてたまらないのです!

というわけで、続々と醸しています。

~*~*~*~*~*~*~*~

大好評の「お台所の救急箱」@自然育児友の会。
現在、2月スタートの春夏コースのお申し込みを受付中です。
毎回、畳のお部屋で赤ちゃんたくさんの楽しい講座です。詳しくはこちら
http://shizen-ikuji.org/class/class_news/entry-7300.html

<< そのほかの講座 >>

2月9日 味噌作りワークショップ@美ベジキッチン(→すでに定員となりました)

「お台所の救急箱」@湘南2015秋冬コースは、意識の高いメンバーが揃い、楽しく開催中です。

「お台所の救急箱」@湘南2016春夏コース(→✩)は、満席となりました。ただいまキャンセル待ちです。

赤羽でのホメオパシー・セルフケア講座、後半の日程は、こちらです。
2月8日(第7回)、2月19日(第8回)、2月26日(第9回)、3月11日(第10回)
補講:2月1日(第4回)、2月15日(第3回)

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導によるや、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田(玉川学園)ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

コンサルテーション(健康相談)、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康