So-net無料ブログ作成
検索選択

どくだみチンキを作ろう♪ [自然療法・代替療法]

Facebookをやっていると、1年前の今日の記事、3年前の今日の記事、5年前の今日の記事などが上がってくるのですが、この数年流れがぐいぐい進み、はるか昔のことのような気がします。

地球が回る速さは変わっていないと思うのですが、自分の中の何かが変化しているのでしょうね。

IMG_0938.JPG庭の植物もぐいぐい育っています。

何が何やらわからないかもしれませんが、たくさんの食べられるものが、それぞれ居心地のよい場所で仲良く肩を並べています。

DSC_0676.JPG毎日両手にいっぱいずつ位取れて、食べきれなかったものを少しずつ冷凍していたいちごは、ジャムにしたらちょうど2瓶分になりました。

DSC_0657.JPGジュンベリーも大きくなり、今年は豊作。

DSC_0660.JPGこちらもほんのり甘く美味しい実です。

DSC_0661.JPGそして、豊作と言うかなんというか、ドクダミもわんさか生えているのでチンキづくり。
(ちなみにこの写真に写っているだけでも、10種類以上の食べられるものが混ぜこぜに植わっています)

繁殖力が強く根も張るので嫌われ者になり勝ちなドクダミですが、お台所の救急箱的には大切な植物。

とはいうものの、実はこれまで枇杷葉エキス(枇杷の葉の焼酎漬け)ばかりつくっており、ドクダミの必要性をあまり感じていなかったので作ったことがありません。なので、実験的にいろいろと。

DSC_0671.JPGまずは、可愛らしい蕾を摘んで1瓶。木の芽や蕾を使うジェモセラピーの力の強さを考えたら、これはかなりパワーがありそうです。

DSC_0675.JPGそして、開いた花を摘んで1瓶。嫌われ勝ちなドクダミですが、こうやって見るととても清楚でエレガント。

DSC_0670.JPG最もなじみが深い葉も摘んで1瓶。干したお茶はよく飲むけれどチンキは使ったことがないなぁ。

今回は、手元にあった40%のウォッカを使ってみました。

ドクダミのチンキは、さまざまな皮膚疾患や傷に使われたり、化粧水として、入浴剤として、あるいは、うがいをするのに使われたりします。枇杷葉エキス(枇杷葉の焼酎漬け)と重なる部分も多いですが、使用感など比較して、肌の状態によって使い分けることができたら、と思っています。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、声診断のセッション(→☆)望診法に基づいた食事指導や、日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。

場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

鎌倉由比ガ浜にて「お台所の救急箱」スタートしました!5月29日~(→☆)。

現在開講中の講座は、
「お台所の救急箱」@湘南(→☆)、
「お台所の救急箱」@国分寺(カフェスロー内自然育児友の会→☆)、
「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」@西東京(→☆)です。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0