So-net無料ブログ作成
検索選択

いくらの醤油漬けを作ろう♪ [暮らし]

我が家では、魚卵をいただくことは、きわめて少ないです。

DSC_0659.JPGでも、年に一度のこの短い期間、私たちの住む地域では、新鮮な生筋子がたくさん店頭に並びます。もちろん、湘南エリアで水揚げされたものではないのですが、水産物文化が浸透しているためか、北海道、北陸、九州などのものも含め、魚介類はかなり豊富に入手できるのです。

そこで年に一度の「いくらの醤油漬けを作ろう♪」。

昨年は、息子が作ってくれました。ぬるま湯の中で筋子を作る作業がとても大変だったようで・・・。そこで、今年は、かねてより気になっていた大根を使って作る方法を試しがてら、さらにそこに知恵を加え、とても簡単なChez MOMO流を編み出しました♪

DSC_0591.JPGご存知の方も多いと思いますが、筋子の状態では、いくらは全体が卵膜に包まれており、中のいくらも、細かく薄い膜でつながっています。
これをほぐすのが結構大変で、一般にはぬるま湯~すこし熱めのお湯につけて、丁寧に手でほぐす、という方法が取られます。

生筋子の中の卵(いくら)は、私たちが普段口にする塩漬けや醤油漬けになった状態の時よりも、ずっとずっと柔らかいので、ちょっと力を入れるとすぐにつぶれてしまうのです。

DSC_0668.JPGそこで、時々聞くのが大根を使って卵膜からいくらをはがす方法。

DSC_0671.JPGこうやって、大根の切れ端を使ってそっと(でも少し力を込めて)剝がしていくだけ。
面白いように卵膜からはがれていきます。きっとこれは、大根に含まれる消化酵素ジアスターゼのおかげ。

ところが、これだけだと実はまだいくらたちは、数粒ずつ連なっている状態なので、ここから先が少し大変。

そこで、ここからがChezMOMO流。

いくらを卵膜からはがすのに使った大根の切れ端を今度はおろして、汁を絞るのです。

DSC_0676.JPGこうやってボウルに入れた連いくら(って呼ぶのかわかりませんが)に、大根汁をまぶします。

DSC_0677.JPG手でそーっとまんべんなくかき回した後、ぬるま湯を入れるとこんな感じに白くなります。びっくりしますが、大丈夫。

これを2回くらい繰り返し、あとはひたすらきれいな水で洗います。繰り返し水を入れ替えていると、はがれた皮や筋(粒々をつないでいるもの)が次々と浮いてきます。

DSC_0685.JPGすっかり水がきれいになるまで繰り返し、水を切ったところ。

こんなに白くなっちゃって、失敗したかと思いますが、大丈夫!

これを、お好みの漬け汁につけます。我が家の好みは、醤油:お酒:みりん=2:1:1。

DSC_0659.JPG山芋と一緒にいただきました。醤油漬けにすると、作業時の柔らかさはうそのように、ぷちぶちとした食感になります。

この作業をしていると、なんだか途方もない数の卵を扱っていて、私は少し重い気分にもなってしまいます。
だから、たくさんいただくものではない。多めの漬け汁に漬けて、お正月に家族の健康と幸せを願いながらありがたくいただきたいと思います。

~*~*~*~*~*~*~*~

Chez MOMOでは、ホメオパシー、フラワーエッセンス、ジェモセラピーによる健康相談(コンサルテーション)、望診法に基づいた食事指導や、
日々の生活を楽しく健やかに過ごすための知恵をお伝えする、各種講座を行っております。
場所は、藤沢、町田ほか、お近くへの出張もご相談に乗ります。

10月31日と11月7日に、望診でイベントに出展します。詳しくはこちら(→☆ http://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/2016-10-13)。

自然育児友の会の「お台所の救急箱」2016年秋冬クラスの募集がスタートしました!
詳しくは、こちら(→☆)です。

「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」8期生の募集は、満を持しての湘南開催です。→満席となりました。振り替え、再受講ご希望の方はご相談ください。

ホメオパシーって何なんだろう?というところから始まり、セルフケアキットの中の42種類のレメディを家庭で使いこなせるようになる講座です。
Chez MOMOの講座は、クラシカル・ホメオパシーの考え方に基づいていますので、表面的な対症療法に留まらないよう、きちんとレメディを学ぶことを重視しています。
詳しくは、こちら(→☆)です。

鎌倉のおうちサロンhananokoさんでも「お台所の救急箱」6回講座を行っています。こちらも残席ある回に限り単発受講可能です。
おうちサロンhananokoさんからの告知は、こちら(→☆

小田急相模原でスタートした「お台所の救急箱」の第4回以降の予定はこちら(→☆)です。
これまで、同講座をご受講いただいた方の振り替え、再受講は、毎回1~2名お受けすることができると思います。お問い合わせください(→☆)。

小金井でスタートした「家庭のホメオパシー・セルフケア講座」に関しては、こちら(→☆)です。

二俣川で、10月6日午後3時より、「お台所の救急箱」全6回コースをスタートすることになりました。
なんと、お仲間内のお声掛けだけで、あっという間にほぼ満席になってしまったようです!ありがたいことです。

あと1~2名であれば、詰めて座ればお受けできますので、この機を逃したくない!という方は、こちら(→☆)からご連絡ください。

同じ場所でのホメオパシー・セルフケア講座も年明けから予定しております。

コンサルテーション、講座、どちらもお問い合わせ、お申し込みは、こちら(→☆)、または、chezmomo@sc4.so-net.ne.jp
足立までお気軽にどうぞ。
   






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。