So-net無料ブログ作成

陰陽と元素周期表と [徒然]

昨年会社を退社する直前までやっていた仕事が、今年に入って社内の研究所長賞を受賞した、とのことでその祝賀会に誘っていただきました。
私にとっても思い入れの深い仕事だったので、受賞も嬉しかったし、誘っていただいたこともとても嬉しかった。

しばらくぶりの仲間との久々の夜遊び。「元素周期表の中のどの元素が一番好きか!?」なんて話題に白熱したり、懐かしい時間を過ごすことができました。
(ちなみに、my favorite元素は、もちろんリチウム!)

一転して今日はリマ・クッキングスクール。これまで長いこと玄米と、「マクロビオティックを意識した野菜中心」の食事(夫や息子は、動物性を必要としている人たちですし、私もちょこちょこは食べるので完全な菜食ではありません)を続けてきましたが、退職を機に、本気で学んでみたいと思い、通い始めた学校。

リマ・クッキングスクールは、マクロビオティックの創始者、桜沢如一先生の奥様であるリマ先生が始められた、日本で最初のマクロビオティック料理教室です。
これまでなんとなく作って食べて来た料理や、やってきたマクロビオティックのお手当てを、もう一度きちんと基礎から、理論的に学ぶことができ、とても面白いうえに、眼から鱗が落ちるほどに美味しい。

ここでは、全ての物事を陰陽の観点からとらえます。この野菜は陰性が強いから、このように切り、塩をして過剰な陰性さを抜き、さらに火を入れて陽性を加え・・・なんて会話が普通になされます。

元素周期表の話をしていた私と、陰陽の話をしている私。仲間とお酒を飲みながらの夜遊びと、よく噛みながらの和やかな玄米菜食。
全く相いれない二つの事象のように見えて、私の中では、とても気持ちよくバランスが取れています。

ホメオパスという仕事は、直観(右脳)と理論(左脳)をうまく連動させてクライアントさんを理解し、レメディを理解する必要があると言われています。
実は、研究開発の仕事もそうで、一見理論ばかりのように見えて、時に芸術的なひらめきや直観を必要とする場合があります。

極端から極端への転身のように見えて、意外と共通性のあることなのかもしれない。
どちらも味わうことができ、大好きな仕事をさせていただくことができるなんて、本当に幸せなことだと思っています。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 2

えっちゃん

ももちゃんほどじゃないけど、私もリチウムには思い入れがあります。大学の卒研、私のテーマはリチウムの同位体効果でした。無機研だったのに1人だけ有機溶剤使って(しかもDMSOを)、みんなから「臭い!」といぢめられてましたっけ。
研究開発って、全脳を使うよね。ホメオパスのことは良く知らないけど、日記を読んで、なるほどなぁと思いました。
人間の営みって、結局、右脳と左脳、両方のコンビネーションが必要なものが多いんじゃないかな、と最近思います。
せっかく両方持ってるんだものね。
by えっちゃん (2011-06-01 22:40) 

ChezMOMO

えっちゃん、コメントありがとう。

そうだったね、えっちゃん、リチウム同位体だったわねぇ。ホメオパシーのレメディも、リチウムってあるのよ・・・。こちらは、特に思い入れないけれど。

「人間の営みって、結局、右脳と左脳、両方のコンビネーションが必要なものが多い」って大いに共感。

なんか電車の中の会話を懐かしく思い出しました。


by ChezMOMO (2011-06-01 22:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0